フォトグラファーマッチングサービス「Meero」でフード&ドリンクカテゴリーのプレミアムバッジに挑戦した話

やぁみんな!
今回はフォトグラファーマッチングサービス「Meero」でフード&ドリンクカテゴリーのプレミアムバッジに挑戦した話をしようと思うぞ。

以前、目指せ副業カメラマン! 「Meero」に登録してみた話っていう記事を書いた。
このときはフード&ドリンクカテゴリーの「プロ」バッジを取得したわけなんだけど、結局この「プロ」バッジで引き受けられる仕事って基本的にはないみたいで、あのあと撮影の仕事を紹介してもらったことは一度もない。

結構早い段階から、「プレミアム」バッジのほうを取得したいとは思ってはいたものの、なかなか行動を起こせずにモタモタしていたんだ。

でも、先日、ついに重い腰を上げて「プレミアム」バッジの取得に挑戦してみたので、そのレポートをお届けしようと思うぞ。

フード&ドリンクカテゴリー「プロ」と「プレミアム」のバッジ取得条件の違い

フード&ドリンクカテゴリーの「プロ」バッジと「プレミアム」バッジでは、その取得条件に明らかな違いが2点あるんだ。
その違いというのは、

  • ストロボ
  • クリエイティブショットと真横からの0°ショット

の2点だ。

上記の2点が、「プロ」バッジでは必要なかったんだけど、「プレミアム」バッジでは必須となっているぞ。

また、45°ショットの構図もちょっと違っていて、「プロ」バッジでは「1品ずつ(+カトラリーなどの小道具)」だったのに対して「プレミアム」バッジでは「1品をメインディッシュと見立てて中心に置き、それ以外を周囲に配置」となっている。

フード&ドリンクカテゴリーの「プレミアム」バッジ取得にはストロボが必須

バッジ取得のためのテスト撮影では、「メイン光源に自然光を使うこと」が推奨されている。
その点は「プロ」バッジも「プレミアム」バッジも変わりないぞ。

ただ、「プレミアム」バッジでは、ストロボをサブ光源として使い、メイン光源(自然光)が作り出す影を極力消す、極力柔らかくするっていうことが求められるんだ。

「プロ」バッジ取得のときも、メイン光源の反対側にレフ板を置いて影を薄くするっていうことをしたんだけど、「プレミアム」バッジではより強力に影を嫌う撮影をしなくちゃいけない。

ちなみに、この記事では「ストロボ」って書いているけど、常時点灯型のライトとかでも大丈夫だと思うぞ。
要は「一方向からの強すぎる影を極力なくしたい」っていうことだ。

あと、ストロボの光を直接被写体に当てると光が強すぎたり硬すぎたりしてしまうから、アンブレラやソフトボックスも必須になるね。
meero公式のガイドラインでは「リフレクター」と書かれていて、アンブレラの写真が掲載されている。
僕もアンブレラを使ったけど、ソフトボックスとかでもきっといいんだと思うな。

フード&ドリンクカテゴリーのプレミアムバッジ取得には「クリエイティブショット」と「真横からの0°ショット」が必須

フード&ドリンクカテゴリーのバッジを取得するためには、まずこれらのショットの撮影が必要だ。

  • 料理を45°の角度から2種類の絞り値で3品、合計6カット撮影する「45°ショット」
  • 複数の料理をまとまりよく並べて真上から2パターン撮影する「90°ショット」

これは「プロ」バッジも「プレミアム」バッジも変わらないぞ。
ただ、さっきも書いたとおり、「1品ずつ(+カトラリーなどの小道具)」か「1品をメインディッシュと見立てて中心に置き、それ以外を周囲に配置」かの違いはある。

さて、「プロ」バッジでは上記の合計8カットでOKだったけど、「プレミアム」バッジではそれに加えてこれらのカットが必要だ。

  • 料理またはドリンクを真横から2種類の絞り値で合計2カット撮影する「0°ショット」
  • アドリブのいろいろな構図で6カット撮影する「クリエイティブショット」

より「料理を美味しそうに見せるテクニック」が必要になってくるっていうことなんだね。

前回のテスト撮影で注意された点

meeroでは、テスト撮影の写真に対してとっても具体的なフィードバックをくれる。
とっても納得感があるし、とっても勉強になるんだ。

「プレミアム」バッジ取得のテスト撮影に入る前に、前回「プロ」バッジ取得のテスト撮影でしてしまった失敗を振り返っておこう。
僕が前回「プロ」バッジ取得のテスト撮影でもらったフィードバックは以下のとおりだ。

1回目のフィードバック

  • 影が強く出すぎている
  • 45°ショットでカメラの位置が低い
  • 余白が少ない

2回目のフィードバック

  • ISOの値が許容値(800)より高い
  • 影が強く出すぎている
  • メイン被写体の他の小物類が配置されていない

どれもガイドラインに書かれていることで、慌てず落ち着いてしっかりと撮影していれば発生しなかったであろうミスだ。
唯一、「影が強く出過ぎている」っていうのだけ、1回撮り直してもまだ言われてしまった点。
これは、確かにガイドラインには書かれているけど、感覚または経験値によるところも結構あるかなぁ、と思うぞ。

いざ、テスト撮影!

それでは、フード&ドリンク「プレミアム」バッジ取得に向けてテスト撮影をしていこう。
上に書いたような失敗を今回はしないよう、気をつけて撮影に臨みたいぞ。

とはいえ「こういう写真はダメだった」っていう記事も書きたいから、なかなか微妙な心境ではあるね。。。

今回も明確なガイドラインに沿って撮影

撮影条件は以下のとおりで、前回の「プロ」バッジと基本的には変わらず、ストロボの使用だけが追加になっているぞ。

  • 焦点距離24〜70mm(フルサイズ機)
  • 料理3品+小道具
  • 三脚使用
  • 被写体を邪魔しない背景
  • ISO 200〜800
  • ホワイトバランス オート
  • フラッシュ スピードライト1灯+リフレクター1個

必要なカットは、以下の16カットだ。

  • 45°ショット×6カット(料理3品×絞りを変えて2カットずつ)
  • 90°ショット×2カット(配置を変えて)
  • 0°ショット×2カット(絞りを変えて)
  • クリエイティブショット×6カット

それでは、撮影していこう!

45°ショットを撮影

ではまず45°ショットから撮影していこう。
基本的な配置を決めたら、メインディッシュを他の料理に差し替えながら撮影していくぞ。
「メインディッシュに見立てて」撮影できればいいので、それがスープだろうと副菜だろうと関係ない。

1品目 ISO400, 0ev, f2.8, SS1/30

1品目 ISO800, 0ev, f8.0, SS1/8

2品目 ISO400, 0ev, f2.8, SS1/30

2品目 ISO800, 0ev, f8.0, SS1/8

3品目 ISO400, 0ev, f2.8, SS1/30

3品目 ISO800, 0ev, f8.0, SS1/8

ちょっと撮影を始める時間が遅くなってしまって、メイン光源の光量が少なくなってしまった。
あと、影がイマイチ消し切れてないかもな。。。っていうのは思った。
「撮り直そうかな。。。」とも思ったんだけど、一旦審査の反応を見てそれも記事にしたかったので、このまま続行。

90°ショットを撮影

続いて90°ショットの撮影に移っていくぞ。
僕は俯瞰撮影用の機材を持っていないので、脚立に登って上から手持ちで撮影だ。

1カット目 ISO800, 0ev, f8.0, SS1/15

2カット目 ISO800, 0ev, f8.0, SS1/15

配置変えがちょっとおとなしすぎたかな。。。?
もうちょっとガラッと変えたほうが良かったかなぁ。。。とも思ったんだけど、これも審査の反応を見たいのでこのまま続行だ。

クリエイティブショットを撮影

続いてクリエイティブショットの撮影に移っていこう。
0°ショットは配置を変えないといけないので最後に撮影することにする。

1カット目 ISO400, 0ev, f4.0, SS1/15

2カット目 ISO400, 0ev, f4.0, SS1/15

3カット目 ISO400, 0ev, f4.0, SS1/15

4カット目 ISO400, 0ev, f4.0, SS1/15

5カット目 ISO400, 0ev, f4.0, SS1/15

6カット目 ISO400, 0ev, f4.0, SS1/15

ちょっと苦し紛れっぽい構図もあることはあるけど。。。
まぁいいでしょう!
それっぽくは撮れてるんじゃないかな?

0°ショットを撮影

最後に真横からの0°ショットを撮影していこう。
料理またはドリンク1品をメイン被写体にして、周囲に他の料理や小道具を配置して撮影するぞ。

1カット目 ISO200, 0ev, f2.8, SS1/30

1カット目 ISO800, 0ev, f8.0, SS1/15

いい感じの背景を用意できなかったので、とりあえず窓にかかっている白のレースカーテンをそのまま背景にしたぞ。
うーん、やっぱり背景が欲しいなぁ。。。
まぁ、とりあえず審査の反応を見たいし、一旦これでいいか。。。

すべて撮影完了

ということで、ひとまずテスト撮影1回目の撮影がすべて完了したぞ。
「影を消し切れてないかな」っていうのと、「0°ショットの背景がよくないかな」っていうのがちょっと気になるところではある。
一発OKっていうことはないと思うんだけど、さて、どうなるかな?

一発OKだった

meeroのマイページからrawデータをアップロードして審査を依頼すると、その日のうちに審査結果の連絡が届いたぞ。

結果は「審査通過」だ。

おぉ。。。なるほど。。。
影や背景など、ちょっと気になっていた部分もまぁOKだったってことだね。

意外にも一発OKが出て、我ながらちょっとびっくりしているぞ。
とはいえ、もし実際に報酬が発生する撮影をする機会があれば、今回のテスト撮影で気になったポイントについては改善できるようにしよう。

機材紹介

最後に、僕が今回のテスト撮影で使用した機材を紹介しておこうと思う。

  • カメラ … Canon EOS R6
  • レンズ … Canon RF50mm F1.8 STM
  • 三脚 … SLIK F740
  • ストロボ … Godox TT600
  • ストロボコマンダー … Godox X2T-C
  • ストロボブラケット … Godox ストロボブラケット
  • ライトスタンド … NEEWER アルミ合金製ライトスタンド
  • アンブレラ … NEEWER 半透明ホワイトソフトアンブレラ 33″ 83cm
  • 小道具 … 冷蔵庫に入っていたオレンジ、プチトマト。ダイソーで買ったランチョンマット、調味料入れ、フェイクの植物

食器も、三連になっている長方形のお皿はダイソーで買ったものだし、お味噌汁はコンビニで買ってきたカップのインスタント味噌汁をお椀に開けただけのものだ。
手軽に手に入るものでなんとかなるものだね。
まぁ、フェイクの植物はちょっとフェイク感ありすぎるから、実際の撮影ではできれば本物を使いたいところだけどね。。。

無事フード&ドリンク「プレミアム」バッジ取得

前回「プロ」バッジ取得のテスト撮影を経験していたおかげで、どんなところに気をつけなければいけないかがわかっていたのは大きかったと思う。
光と影のコントロール、ISO、45°ショットでのカメラの角度、余白、小物類と、ひととおりしっかりと気にしながら撮影することができた。
まだまだクオリティーは上げていかないといけないけど、ひとまずは審査通過ということで、喜びたいと思うぞ。
撮影の仕事が来るといいなぁ。

というわけで、フォトグラファーマッチングサービス「Meero」でフード&ドリンクカテゴリーのプレミアムバッジに挑戦した話、どうだったかな?

みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事と類似または関連した記事