レンタルサーバーならXserver(エックスサーバー)がおすすめな理由

やぁみんな!
今回は、レンタルサーバーならXserver(エックスサーバー)がおすすめな理由を話そうと思うぞ。

レンタルサーバーならXserver(エックスサーバー)がおすすめな理由

「レンタルサーバー」というと、メジャーどころですぐに思いつくのは「さくらインターネット」「ロリポップ」そして「Xserver(エックスサーバー)」っていう感じだと思うんだけど、僕は断然 Xserver(エックスサーバー)派なんだ。
もうかれこれ7年ほど Xserver(エックスサーバー)を使い続けている

ちなみにその前はずっとさくらインターネットを使っていたんだけど、WordPressでエラーが頻発しすぎて嫌になって乗り換えたっていう経緯がある。
僕の利用環境でたまたまそうだったのか、当時のさくらインターネットがそうだったのかはわからないし、今はもうそんなことないんだろうけどね。

あ、さくらインターネットもロリポップも、仕事上のいろいろな案件では使っているよ。
今回は、僕自身が使っていて、おすすめしたいのは Xserver(エックスサーバー)っていう話だ。

Xserver(エックスサーバー)がおすすめな理由

僕が考える Xserver(エックスサーバー)がおすすめな理由はこれだけある。

  • 安定している
  • Webサイトの表示が速い
  • WordPressの導入が簡単
  • WordPressの移行も簡単
  • 管理画面(コントロールパネル)が使いやすい
  • 自動バックアップがある
  • 初期費用が0円
  • 無料お試し期間が10日間ある
  • ドメインが永久無料
  • 無料SSLがある
  • コストパフォーマンスがいい

安定している

Xserver(エックスサーバー)は安定している。

これは大前提であり最重要だよね。
例えば、サーバーがダウンしてWebサイトが表示されなくなってしまうとか、WordPressを使っていてphpの処理でもたつくとか、そういうことがない。
どんな場面でもストレスなく快適に利用することができているぞ。

Webサイトの表示が速い

Xserver(エックスサーバー)はWebサイトの表示が速い

これもとっても重要だ。
同じコンテンツを利用するなら、表示速度が遅いよりは速いほうがいいもんね。
あまりにも表示が遅いと、見るのをあきらめちゃったりもする。

Xserverは元々速くて快適なんだけど、「Xアクセラレータ」「mod_pagespeed」といった表示高速化のための機能も用意されている。
これらを設定することでWebサイトやブログの表示速度をスピードアップさせることができるんだ。
設定は管理画面から簡単におこなえるぞ。
この機能はさくらインターネットにはない機能だ。

WordPressの導入が簡単

Xserver(エックスサーバー)はWordPressの導入が簡単

Xserverには「WordPress簡単インストール」っていう機能があって、管理画面(サーバーパネル)から簡単に WordPress をインストールすることができるんだ。

データベースを作っておいて、WordPress本体をダウンロードしてきて、wp-config.phpを編集して、全ファイルをftpでアップロードして。。。っていうことをまったくしないでWordPressのインストールを完了することができるぞ。

WordPressの移行も簡単

Xserver(エックスサーバー)はWordPressの移行も簡単

Xserverには「WordPress簡単移行」っていう機能もある。
すでにWordPressのWebサイトやブログを運営していて、新しい環境に移行(引越し)したい場合に使える機能だ。
移行元のURL、WordPressのユーザー名とパスワードを入力し、移行先のURLを指定するだけで、ファイル一式とデータベースをまるっとコピーできる機能なんだ。
すごいよねこれ。。。

WordPressを移行するときに必要な、ftpでファイル一式をダウンロードして新しい環境に移して、データベースはPhpMyAdminでダンプファイルをエクスポートして新しい環境にインポートして、ってことをまったくしなくていいってこと。
素晴らしい。。。

規模の小さいWebサイトやブログだったら「All in one migration」プラグインでまるっとコピーするっていうこともできるけど、扱えるファイルサイズに上限がある(上限を解除するにはちょっとした専門知識が必要)から、ちょっと規模の大きなWebサイトやブログの引っ越しをしたいときにはとっても助かる機能だね。

管理画面(サーバーパネル)が使いやすい

Xserver(エックスサーバー)は管理画面が使いやすい

これは“慣れ”の部分が大きいかもしれないけど、Xserverは管理画面が使いやすい(と思う)
管理画面(サーバーパネル)にログインすると、メニューが全部並んでいて、その中からやりたいことを選べばいい。

さくらインターネットの場合は最初の画面がインフォメーションやftp情報といった“見たいときにだけアクセスできればいい情報”になってしまっていて、ちょっと“これじゃない感”があるんだよね。。。(あくまでも個人的な感想だぞ)

自動バックアップがある

Xserver(エックスサーバー)は自動バックアップがある

Xserverでは、

  • Webサーバー上のファイル
  • メールサーバー内のメールデータ
  • データベースのデータ

を、直近1週間、毎日1回自動でバックアップしてくれるんだ。

もしWebサイトやブログの色々なデータを破損してしまったり、大切なメールを間違えて処分してしまったときなどに、バックアップ時点のデータで復元することができる。

これはいざというときのために超絶重要
普通に運用していたらそんなに使う機会のない機能なんだけど、僕は先日たまたま「これがあって良かった」と思うことがあったぞ。

どんなことがあったかというと、仕事で外部のエンジニアさんにWordPressサイトのカスタマイズをお願いしていたんだけど、エンジニアさんがデータベースのユーザーデータの部分を破損してしまってログインできなくなってしまったんだ。

まぁ、エンジニアさんの手元にはバックアップデータがあったから、WordPressをインストールし直せばそのバックアップデータから復元することはできたんだけど、「MySQL復元」機能があったおかげで、めんどくさいWordPress再インストールをしなくて済んだってわけ。

WordPressでWebサイトやブログを運用していると、テーマファイルをカスタマイズしたり、データベースに関与するプラグインを使っていたりすることは多いと思う。
カスタマイズ作業やプラグインの不具合での不慮の事故は絶対に起こらないとは言い切れない。
普段からバックアップを取っておくことは絶対に必要だよね。

初期費用が0円

「12か月以上の契約で」っていう条件付きだけど、通常3,000円かかる初期費用が、今なら0円になっている。
これはまぁ、サーバーを選ぶ重要な要因にはならないけど、お得ならそれに越したことはないよね。

もし、「しばらく使ってみて気に入らなかったら他のレンタルサーバーにしよう」と考えているなら、12か月以上の契約っていうのは長すぎる気がするけど、その場合でも、無料お試し期間の10日間でその判断をできるようなら、申し込んでもいいかもしれないね。

くれぐれも、サーバー(に限らずすべてのものに当てはまるけど)は料金の安さで選ぶべきじゃないぞ。
設備費をケチって後々痛い目を見るなんてバカらしいからね。

  • 初期費用0円について詳しくはこちら
    エックスサーバー

    2021年1月21日(木)18:00 ~ 2021年4月1日(木)18:00まで

無料お試し期間が10日間ある

Xserver(エックスサーバー)は無料お試し期間が10日間ある

Xserver のほぼすべての機能を10日間無料で利用することができるぞ。
メール関連の機能、サブFTPアカウントの追加、代行サービスの申請はすることができないけど、Webサイトやブログを構築してある程度運用する工程は確かめることができる。

無料お試し期間はレンタルサーバー各社用意しているよね。
ちなみにさくらインターネットだと無料お試し期間は2週間となっている。

ドメインが永久無料

Xserver(エックスサーバー)はドメインが永久無料

これは嬉しいよね。
更新時の費用もXserverが負担してくれて、本当にずーっと無料で独自ドメインを使うことができちゃうんだ。
ただし、

  • キャンペーン期間中にレンタルサーバーを契約した場合(キャンペーン特典)
  • X20またはX30プランを契約した場合(プラン特典)

のどちらかに当てはまっていることが条件だ。

キャンペーン特典のほうはもちろんキャンペーン開催中にしか受け取ることができないぞ。
キャンペーン期間はまさに今、2021年1月21日(木)~2021年4月1日(木)の期間で開催中だ。

プラン特典のほうは期間は関係ない。
X20またはX30プランを契約すればドメイン永久無料の特典を受けることができるぞ。

  • ドメイン永久無料について詳しくはこちら
    エックスサーバー

    2021年1月21日(木)18:00 ~ 2021年4月1日(木)18:00まで

無料SSLがある

Xserver(エックスサーバー)は無料SSLがある

近年、WebサイトやブログのSSL対応は必須となってきているよね。
普通なら年間1,000円〜数万円かかるSSLだけど、Xserverなら無料で利用することができるぞ。
もちろん、有料のSSLも複数ブランド用意されているから、必要に応じて選ぶことができるんだ。

コストパフォーマンスがいい

Xserver(エックスサーバー)はコストパフォーマンスがいい

Xserver(エックスサーバー)の利用料金は、X10プランで1か月990円(3か月契約時)〜1,320円(36か月契約時)(どちらも税込)。
X10プランはXserverの中では一番ディスク容量の小さいプランで、ディスク容量は200GBとなっている。
さくらインターネットのプレミアムプラン相当だね。

200GBあれば容量としては十分だ。
このブログは今のところ8GBちょい使用しているぞ。

ちなみに僕はX10プランを2つ契約していて、どちらも12か月契約にしている。
なぜ2つ契約しているかというと、他にもWebサイトを運営しているからなんだ。

その他の特徴

  • 無料のWebフォント
  • プラン変更が簡単
  • アダルトNG

無料のWebフォント

モリサワの33書体を無料で利用することができるぞ。
「モリサワ」っていうのは、フォント業界最大手のデザイナー御用達フォントメーカーだ。
フォントってすごく高くて、普通に使うと1書体数千円から数万円するものなんだけど、それが無料で使えるんだからありがたいよね。

プラン変更が簡単

利用中のプランから、上のプランや下のプランに自由に契約を変更することができるぞ。

ちなみにさくらインターネットではプラン変更はできない。
新しく契約して引っ越さないといけないぞ。

アダルトNG

だいたいのレンタルサーバーはそうだと思うんだけど、Xserverもアダルトコンテンツの運用はNGだ。
アダルトコンテンツを運用したい場合は対応しているレンタルサーバーを選ぼう。

迷ったら無料お試しを上手に活用しよう

といったわけで、レンタルサーバーならXserver(エックスサーバー)がおすすめな理由、どうだったかな?

とはいえブログ歴10年の僕が勝手に確信を持ってXserver(エックスサーバー)をおすすめしているわけなんだけど、例えばもっと小さく始めたい場合には、さくらインターネットやロリポップの安いプランのほうが都合がいいかもしれない。

いろいろな条件を考慮して、無料お試し期間も上手に活用しながら自分にぴったりのレンタルサーバーを選んで欲しいぞ。
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!


この記事と類似または関連した記事