悲劇! 心待ちにしている MacBook Pro 2018 がヤマト運輸の配送状況確認で「調査中」に!

やぁみんな!
今回は、先日注文して届くのを心待ちにしている MacBook Pro がヤマト運輸の配送状況確認で「調査中」になってドキドキした話をしようと思うぞ!

「荷物状況『調査中』」って!?

昨今、オンラインで買い物をする機会はとっても多いと思うんだけど、買った商品の配送状況が今どんな状況なのか、調べることも多いよね。

みんなは、クロネコヤマトを利用して荷物を受け取ろうとしているとき、「荷物状況」が『調査中』になったことがあるかな!?
僕は今回初めて「荷物状況『調査中』」を目の当たりにして、とってもビックリしたんだ。

クロネコヤマトの荷物状況「調査中」

まさか MacBook Pro が行方不明に!?

MacBook Pro が到着予定のその日、僕はちょこちょこクロネコヤマトの荷物お問い合わせページで配送状況(クロネコヤマトでは「荷物状況」)を確認していた。
(実際は前日から何度も確認していたけど)

そしてあるとき、荷物状況を確認してみると、荷物状況が「調査中」になっていた
何かトラブルがあったらしいことはなんとなくわかるけど、何があったのかはさっぱりわからない。
「調査中」っていう言葉からは、「荷物が行方不明になってその行方を調査している」っていうニュアンスも感じ取れる。

そのあとも何度か確認してみたけど、状況は変わらず「調査中」のまま。
さすがにちょっと心配になって、問い合わせ窓口に電話で問い合わせてみた。
追跡番号を尋ねられ、それを伝えると、「担当のサービスセンターに確認して折り返します」とのことだった。

「調査中」の正体はベース店からサービスセンターへの振り分けミス

20分ほど後、折り返し電話がかかってきた。
電話の向こうのお姉さんが言うには、「海外から届いた荷物をベース店から配送をおこなう各エリアのサービスセンターに振り分ける際、実際に配送するはずのサービスセンターではなく、その隣のセンターに振り分けてしまった」とのことだった。
また、「12:00の便で本来のサービスセンターに戻ってくるので、お届けは最短で14:00〜16:00になってしまう」とのこと。
「えぇ〜。。。」と思ったけど、まぁしかたない。

紛失や、破損による持ち帰りなどでなかっただけよしとしよう。
ともかく MacBook Pro が無事でよかった。

了解して電話を切ったぞ。

無事受け取り

15:00頃、インターホンが鳴り、ウキウキしながら玄関のドアを開けると、そこにはヤマトのお兄さんが立っていた。
伝票にサインをして、思いのほか小さなダンボールを受け取ったぞ。
中身はもちろん、待ちに待った MacBook Pro だ。
やった!
こうして、波乱含みの MacBook Pro 受け取り劇は幕を閉じたのだった。。。

それにしても、MacにせよiPhoneにせよ、その他の周辺機器にせよ、これまで何度も購入していて、同じルートで配送されているけど、こんなことが起こったのは今回が初めてだ。
こんなことがあるものなんだねー。いい経験になったよ。

みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > レポート > 悲劇! 心待ちにしている MacBook Pro 2018 がヤマト運輸の配送状況確認で「調査中」に!

この記事と類似または関連した記事

MacBookProがキシキシ鳴るのでGeniusBarに持ち込んだ話
MacBook Pro (2015) がキシキシ鳴るのでジーニアスバーに持ち込んでみた。
バッテリー交換レシート
MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) のバッテリーが膨張してトラックパッドが浮き上がってきたので修理に出してきた話
WWDC2012開催
WWDC2012開催! Retina MacBook Pro、OS X Mountain Lion、iOS 6など発表!