汚れたファインダーをクリーニングするのにHAKUBAのレンズペン3マイクロプロが便利だった話

やぁみんな!
今回は汚れたファインダーをクリーニングするのにHAKUBAのレンズペン3マイクロプロが便利だった話をしようと思うぞ。

HAKUBAのレンズペン3マイクロプロ

HAKUBAのレンズペンは、カメラのレンズ表面に付いた汚れをクリーニングするためのメンテナンスアイテム。
写真を撮る人、カメラユーザーならだいたいの人は知っているんじゃないかな?

もちろん僕も、レンズペン自体は知っていたんだけど、レンズのクリーニングにはずっと CURA ミクロワイパーを使っていて、それでいいと思っているんだ。

HAKUBAのレンズペンは用途に合わせていろいろな種類がある

ところが、先日Youtubeで某フォトグラファーさんの動画を見ていたら、HAKUBAレンズペンの話をしていて、レンズ用、フィルター用、ファインダー用といった、いろいろな種類のレンズペンがあることを知ったんだ。

レンズ用だったらレンズの曲面に適した形状、フィルター用だったらフィルターの平面に適した形状、ファインダー用だったら四隅もクリーニングできるような小さいペン先、といった具合に、用途に合わせて選ぶことができるんだね。

ファインダー用が欲しい

そうなると、ファインダー用はちょっと欲しいな、と思ったんだ。
カメラのファインダーはちょっと窪んでいて、しかも四隅の角はミクロワイパーで拭き取るのは難しい。
綿棒などを使ってしまってもいいんだけど、できることなら専用のメンテナンスアイテムを使うほうが、カメラには優しい気がするよね。
というわけでさっそく購入だ。

HAKUBA レンズペン3マイクロプロを使ってみる

購入した HAKUBA レンズペン3マイクロプロがこちら。

レンズペン3マイクロプロ本体と、交換用のクリーニングチップが1つ付いてくる。

片側はブラシ。
スライド式で、使うときだけブラシを出して使うぞ。

そしてもう片側がクリーニングチップだ。

セーム革製のクリーニングチップにカーボン粉末を付着させてあり、指紋や皮脂を吸着して除去、さらに静電気も除去してホコリの付着を防いでくれるそうだ。

クリーニングチップは直径約5mm。
ファインダーの四隅もしっかりと拭き取ることができるぞ。
写真は Canon EOS R6 のファインダーをクリーニングしているところだ。

水滴の痕が残って取れづらいような場合は、はぁ〜っと息を吹きかけてクリクリ拭いてあげるといいとのこと。

拭き取ったあとは、ファインダーの周りのゴムやプラスチックにカーボン粉末が付着していないよう、ブラシで払ってあげるか、ブロワーで吹いてあげよう。

使ったあとはしっかりとレンズペンのキャップを閉めておこう。
そうすると、キャップ内部に仕込まれたカーボン粉末がクリーニングチップに補給されるぞ。
普通に使えば500回は使えるとのこと。

HAKUBA レンズペン3マイクロプロ使用上の注意

HAKUBA レンズペン3マイクロプロを安全にそして効果的に使うために、使用上の注意はしっかり守ろう。

  • カメラのビューファインダー、レンズ以外には使用しない。
  • 濡れた箇所とプラスチック面には使用しない。
  • 使うとき以外はレンズペンのキャップをしっかり締め、ブラシは収納しておく。
  • クリーニングチップやブラシは手で触らない。
  • 乾燥した場所に保管する。
  • 保管時は小さなこどもの手の届かない場所に保管し、使用時も口に入れたりしないよう注意する。

HAKUBA レンズペン3マイクロプロめっちゃ便利

購入して早速ファインダーをクリーニングしてみたんだけど、雨粒が付いて乾いてしまった痕や、拭ききれずに四隅に残ってしまっていたホコリをしっかりと除去することができたぞ。

また、レンズの周辺もやっぱりミクロワイパー+指では拭き切れないことがあって、そういうところに残ってしまっていた汚れも除去することができた。
これはいいね。

そう頻繁に使うものではないから、500回も使えるならかなり長持ちしそうだね。
コスパはかなりいいんじゃないかな?

というわけで、汚れたファインダーをクリーニングするのにHAKUBAのレンズペン3マイクロプロが便利だった話、どうだったかな?
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事と類似または関連した記事