100円ショップのダイソーでVRグラス(ゴーグルではない)を見つけたので試してみた話

やぁみんな!
今回は、100円ショップのダイソーでVRグラス(ゴーグルではない)を見つけたので試してみた話をしようと思うぞ。

先日ちょっとした用事で近所のダイソーに行ったんだけど、何気なしに店内をふらふらしていたところ、偶然この「スマホでVRグラス」を見つけたので、試しに買ってみたんだ。

僕は、VR対応のヘッドマウントデバイスも持っていないし、スマホをセットして使うゴーグルタイプのものも持っていない。
正直、現状ではあまりVRコンテンツに魅力を感じていないんだけど、100円で試せるならおもしろいかなと思ったんだ。

では、早速試してみることにしよう!

手のひらサイズの小箱にVRグラスが入っている

外箱は、手のひらサイズの小箱。
組み立て方や使い方は箱の裏面に書いてある。簡単だから誰にでも使えそうだぞ。

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)外箱表面。

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)外箱裏面。

開けると、中にはVRグラスを構成する2つのパーツが裸のまま入っている。

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)。

プラスチック製のフレームにプラスチック製のレンズがパチっとはめ込まれているだけの簡易仕様。
なにせ100円(税別)だからね!

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)レンズ部分。

組み立ては簡単

ダイソー100円VRグラスを組み立てた。
メガネ側の所定の位置にクリップ側の爪部分をグッと差し込むだけだ。
簡単だね!

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)組み立てた表面。

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)組み立てた裏面。

取り付けも簡単

シリコーンケースを装着した iPhone X にVRグラスを取り付けてみた。
クリップでスコッと挟むだけなので、簡単に取り付けられるぞ。

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)iPhoneX(シリコーンケース付き)に取り付けてみた前面。

100円ショップダイソーのVRグラス(VRメガネ)iPhoneX(シリコーンケース付き)に取り付けてみた背面。

クリップの一箇所にくぼみが作られていて、スマホの画面前面に回り込むタイプのケースを着けている場合にも干渉しないようになっている。
個人的にはここに一番感心したよ。

ディスプレイ面に一箇所くぼみがあって、ケースの回り込みに干渉しない。

いざ、VRコンテンツを楽しもう!

さて、VRグラスの組み立てと iPhone への取り付けが終わった。
いよいよ最新のVRコンテンツを楽しむ時がやってきたぞ!
こんなコンテンツを試してみた!

VR Roller Coaster

VR_Roller_Coaster_1

VR_Roller_Coaster_2

おー、なるほどなるほど。
すごいなぁ。2つの映像がVRグラスを通して見るとちゃんと1つの映像として見えるもんだなぁ。
でも、映像以外の体感が一切ないから、やっぱり臨場感には欠けるな。。。

VR Roller Coaster
無料

Final Kick VR – Virtual Reality free soccer game for Google Cardboard

Final_Kick_VR_1

Final_Kick_VR_2

おー、こちらもちゃんと違和感なく1つの映像として見えるなぁ。
すごいなぁ。もうそんなとこは当たり前のポイントなのか。

操作はどうやってするのかと思ったら、タップなどの操作はおこなわず、頭(スマホ)の動きだけで操作するんだね。
例えばメニュー画面だったら、画面中央にカーソルとなる点が表示されていて、頭(スマホ)の向きを変えて選びたい項目をその点に重なるようにする。そのまま位置をホールドしていると「決定」の処理がおこなわれる。

フリーキックの場面では、一定時間内に頭(スマホ)の向きを変えてキックの軌道を決めて、自動的にキック。
自分のタイミングでキックができないから、かなり慌ただしい感じだ。。。

でも、なるほど、画面を触らず、コントローラデバイスも使わない操作だと、こういうUIが1つの可能性としてあるんだね。

Final Kick VR – Virtual Reality free soccer game for Google Cardboard
無料(App内課金あり)

なごみの耳かきVR

nagomi_no_mimikaki_1

nagomi_no_mimikaki_2

おー、なるほどなるほど。
これはいいねー。
ただ耳かきをしてもらうだけのコンテンツだけど、なごみちゃんがかわいいし、頭(スマホ)の向きを姿勢として感知して、それに対してリアクションをくれる。
耳かきをしてもらっている間は寝転がって横を向いていないといけないから、なごみちゃんを見れないけどね。。。
でも声もかわいいからオッケーだ!

こういうコンテンツは、他のキャラクターや芸能人なんかでも応用できるよね。

なごみの耳かきVR
無料

Google ストリートビュー

Google_street_view_1

Google_street_view_2

行きたいけど行けない場所を疑似体験するチャンス!
僕はマチュピチュを体験してみた!

なるほど、でもこれ、移動が大変だな。。。
画面をタップしないと移動できないな。。。
移動するたびにスマホから顔を離してタップしないといけないから、ちょっと不便。。。

これ、このVRグラスだからまだ大丈夫だけど、頭に固定しちゃうタイプのゴーグルやヘッドマウントデバイスだったらどうするんだろう?
その場合は何かしらのコントローラデバイスを用意する前提かな?

Google ストリートビュー
無料

ハコスコ

hakosuko_1

hakosuko_2

いくつかのコンテンツが用意されているみたいだ。
今回は、水中で酸素ボンベをつけてニーソを履いた女の子がトランプをするというシュールなコンテンツを視聴したぞ。
うーん、なるほど。。。シュールだ。。。
ハコスコのだいたいのコンテンツは、低画質と高画質が用意されているみたいだね。
高画質版はダウンロードにまぁまぁ時間がかかったぞ。1分半くらいかな?

他にも、芸能人と擬似デートを体験するコンテンツや、いろいろな施設を擬似体験するコンテンツなどがあるみたいだ。

ハコスコ
無料(App内課金あり)

酔ってきたので感想

僕は乗り物酔いもひどいほうで、一人称視点のゲームなんかでもすぐ酔っちゃうタイプ。
今回のVR体験も、この記事を書きながらちょいちょいやっていただけで軽く酔ってしまった。。。
というわけで締めに入ろうと思うぞ。
記事後半はダイソーVRグラスのレポートというよりは体験したVRコンテンツのレポートみたいになっちゃったけど、最後はダイソーVRグラスについての感想を述べて終了とする!

映像の見え方は自然

映像の見え方はかなり自然だと思ったぞ。
ただ、拡大鏡を使ってスマホの画面を拡大して見ているような状態なので、ディスプレイのドットがはっきり見えてしまう。
これはしかたのないことかもしれないね。

没入感はあんまりない

ディスプレイと目の間が密閉されていないのと、頭に固定されていなくて手で持っていないといけないので、見る方向を変えたり姿勢を変えたときに、視界がブレてしまう。
画面の外の世界や、スマホを持っている指などがチラチラ視界に入ってきて、コンテンツに集中する感じではなかったかな。

手軽にVRを楽しむにはぴったり

VRコンテンツの可能性を感じるには充分な内容だったと思う。
100円でこれだけのVR体験ができるなら、僕は満足だなぁ。
スマホでお手軽にVRコンテンツを体験したい場合には、ぴったりなんじゃないかな。

というわけで、100円ショップのダイソーでVRグラス(ゴーグルではない)を見つけたので試してみた話、どうだったかな?
ダイソー以外の100円ショップでも、簡易なVRグラスは売っているみたいだ。
興味のあるおともだちは、よかったら試してみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > レポート > 100円ショップのダイソーでVRグラス(ゴーグルではない)を見つけたので試してみた話

この記事と類似または関連した記事

Desk Phone Dock
iPhoneは電話としても使える。
ESRネイキッドの外箱表面。
ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア) を試してみた話
iPhone 7 シリコーンケース(シーブルー)
手袋で手が滑る季節に備えて、iPhone 7 に Apple 純正シリコーンケース(シーブルー)を装着した。