平面デザインを奥行きのある3Dパース的に変換してくれるPhotoshop用アクションとpsdファイル

やぁみんな!
今回は、平面デザインを奥行きのある3Dパース的に変換してくれるPhotoshop用アクション「Perspective Actions」とpsdファイル「Isometric Perspective Mock-Up」をご紹介するぞ。

1枚のファイルごと変換するか、1枚のファイルの中で任意のオブジェクトだけを変換するかの違いはあるけど、どちらも便利だね。
デザインワークにも、資料用のグラフィックにも使えそうだ。

今開いているpsdファイルを自動で3Dパース的に変換してくれるPhotoshop用アクション「Perspective Actions」

アクションにお任せで平面デザインを立体パースに変換できる「Perspective Actions」

Perspective Actions

こちらは、1枚のpsdファイルをまるごと立体的なパースに変換してくれるPhotoshop用アクションだ。

アクションを読み込んで実行。

パースがかかった!

スマートオブジェクトを使って平面を3Dパース的に変換してくれるpsdファイル「Isometric Perspective Mock-Up」

スマートオブジェクトを使って平面デザインを立体パースに変換できる「Isometric Perspective Mock Up」

Isometric Perspective Mock-Up

こちらは、スマートオブジェクトを使って任意のオブジェクトをパースに変換できるぞ。
パースの厚さが5px、10px、15pxと3種類用意されているので、好きなスマートオブジェクトをダブルクリックして編集しよう。
あるいは、すでに制作中のデザインから任意のレイヤーを「レイヤーを複製」でスマートオブジェクトに持って行ってもいいね。

パースにしたいレイヤーをスマートオブジェクトに複製。

スマートオブジェクトを編集した。

どうかな? 便利だよね!
みんなも良かったら試してみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > 紹介 > 平面デザインを奥行きのある3Dパース的に変換してくれるPhotoshop用アクションとpsdファイル

この記事と類似または関連した記事

facebookで画像を投稿できないときの対処法
Photoshopで編集済みの写真をFacebookに投稿できないときの対処法
Photoshopで、任意のレイヤーを別ファイルの同一座標に複製する。
Photoshopで、任意のレイヤーを別ファイルの同一座標に複製する。
複数のPhotoshopファイル間で図形(レイヤー)をドラッグ→ドロップ
複数のPhotoshopファイル間で図形(レイヤー)をドラッグ→ドロップするときの特性。