Adobe Illustrator でデザインの簡易プレビューに「トリミング表示」が便利だった話

やぁみんな!
今回は、Adobe Illustrator でデザインの簡易プレビューに「トリミング表示」が便利だった話をしようと思うぞ。

Illustratorを使ってアプリやWebサイトのデザインをしていて、アートボードを画面サイズに設定してデザインをすることは多いと思う。
その場合、何かしらのオブジェクトを画面からはみ出るように配置することも多いと思うんだ。
そして、簡易的に1画面としての見えかたを確認したいことも多いと思う。
そんなとき、アートボードからはみ出ているオブジェクトが邪魔になるよね。みんなならどうするかな!?

「トリミング表示」を使うって?
そうなんだよね!
僕も最近、『そういうのないのかな? 「表示」メニューあたりにありそうだな。。。』って見ていて気づいたんだけど、こんな便利な機能があったんだよね!
それまでは、わざわざクリッピングマスクを使ったり、ワークスペースの背景と同じ色の矩形を作って置いて、それではみ出てる部分を隠して見たりしていたんだけど。。。
これからは「トリミング表示」を使っていこうと思う!

↓こんな感じでオブジェクトがはみ出ているとき。。。
トリミング表示1

↓「トリミング表示」を選択。
トリミング表示2

↓こんな感じで、アートボードからはみ出した部分を文字通りトリミングして表示してくれる!
トリミング表示3

でも、「トリミング表示」はプレビューする時だけ使うようにするほうがいいのかもしれない。
先日、「トリミング表示」をオンの状態にしたままデザインを続けていたら、画面がチラついたり、配置したオブジェクトが部分的に欠けて見えたりする現象が発生したぞ。
結構、CPU(GPU)にかかる負担が大きいみたいだね。

Adobe Illustrator でデザインの簡易プレビューに「トリミング表示」が便利だった話どうだったかな?
もしまだ使ったことがないおともだちがいたら、試してみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > How to / Tips > Adobe Illustrator でデザインの簡易プレビューに「トリミング表示」が便利だった話

この記事と類似または関連した記事

Illustratorのアートボード定規
Adobe Illustrator の「ウィンドウ定規」と「アートボード定規」
Adobe Illustrator のUIがなんか大きい。
Adobe Illustrator をアップデートしたらUIが大きくなっていて驚いたけど戻すのは簡単だった話
Illustratorの整列 アートボードに整列
Adobe Illustrator CC の「アートボードに整列」の存在に気づいた話