EOS R6 の 約2,000万画素 という画素数について

やぁみんな!
今回は、EOS R6 の 約2,000万画素 という画素数について書いていきたいと思うぞ。

写真の画素数

デジタルカメラやスマートフォンなどの新機種が発表されるとき、よく「画素数」が話題になることがあるよね。
写真に限らずデジタルの画像や映像っていうのは、いろいろな色や明るさの小さな点がたくさん集まって1枚の絵になっているわけなんだけど、その点1つのことを画素、またはピクセルっていうんだ。

写真の画素数っていうのはつまり、「1枚の写真が何個の点で描かれているか」っていうこと。

つまり2,000万画素は

さて、EOS R6 は約2,000万画素という画素数の写真を撮ることができる。
「2,000万画素の写真」っていうことは、「2,000万個の点が集まって1枚の写真が描かれている」ってことで、EOS R6 の場合は、最大で横5472個 × 縦3648個の点が集まって1枚の写真が描かれるんだね。

それが実際どんな写真かは、Canonさんの公式サイトに撮影サンプルがあるから見てみて欲しい。
キヤノン:EOS R6 | 概要

約2,000万画素という画素数

EOS R6 が発表されたとき、その「約2,000万画素」という画素数に不安や不満を感じた人もいるみたいだ。

大きいサイズで印刷したい人や、写真のごく一部をクロップして使うことが多い人にとっては、確かにちょっと物足りない画素数かもしれないね。
あとは、ECサイトなどで商品写真を拡大して見れる仕組みを提供している場合、それに対応できるくらいの解像度が必要な人もいるかもしれない。

でも、そういう人はそれができるカメラ(EOS R5 や α7R IV などの高画素機)を使えばいいのであって、用途に合わせてカメラを選べばいいだけの話だね。

僕の用途では十分な画素数

僕は、約2,000万画素というのは十分な画素数だと思っている。
今使っている OM-D E-M1 の約1,600万画素にさえ不満がないくらいだ。

僕の場合、写真を楽しむ形態は、パソコンやスマホのディスプレイで見るか、印刷するとしてもL版〜2L版くらいのサイズ。
水平を調整したり画角を調整したりで多少クロップすることはあるけど、それでも約2,000万画素あれば十分だと思うぞ。

パソコンやスマホが表示できる画素数

例えば、僕の使っている MacBook Pro (15-inch, 2018) のディスプレイは 2,880×1,800ピクセル(約518万画素)、外部接続して使っている4Kディスプレイ(I・O DATA KH2750V-UHD)が 3,840×2,160ピクセル(約829万画素)、iPhone XS のディスプレイが 1,125×2,436ピクセル(約274万画素)。

等倍で表示するなら、これくらいの画素数があれば十分ってこと。

EOS R6 で撮影した5472×3648ピクセルの写真は、iPhone XS で表示したとき、2倍(縦にも横にも2倍だから画素数にして4倍)に拡大して見てもまだ綺麗に見えるレベルってことだ。

サイズ比較

わかりやすく説明してくれているWebサイトがあったので参考までに紹介させてもらうぞ。

デジカメの画素数とモニターの解像度との関係

Webページに使う画像は高解像度でなくてもいい理由 デザイン-ホームページ制作のアテンド|長岡・新潟|Webサイト制作

高解像度すぎるデジカメ写真、どうやって鑑賞します? | 日経クロステック(xTECH)

印刷に対応できる画素数

印刷については詳しくないので、ちょっと調べてみた。
すると、どうやらこんな感じが目安になるみたいだ。
あくまでも“目安”だから、参考までに見てみてくれ。

A3 A4 写真2L版 写真L版
約1,500万画素 約1,250万画素 約300万画素 約150万画素

印刷の場合は解像度についても気にしないといけないね。
「dpi(Dot Per Inch)」っていう解像度の単位があって、これは、「1インチの長さにドットを一列で並べた際に何個並ぶか」っていう単位なんだ。
これを何dpiに設定して印刷するかで必要な画素数は変わってくるぞ。

印刷業界では300〜350dpiが基本とされているみたいなんだけど、人間の目で判別できる限界は220dpi程度という話もある。
↑の表はだいたいその220dpi程度を想定した画素数になっているぞ。

ちなみに、デジタルカメラの画質設定で一番綺麗な設定にするか、RAWデータで保存してあれば、おそらく350dpiのデータになっているはずだ。
これはカメラによって変わってくると思うので、自分のカメラを確認してみてほしい。

わかりやすく説明してくれているWebサイトがあったので参考までに紹介させてもらうぞ。

プリントの最適な画像サイズを教えてください – カメラのキタムラ プリントなんでも相談室

プリントサイズに合った画質サイズについて | しまうまプリント | ネットで写真Style | 写真プリント | 写真印刷 | 写真現像

印刷用紙に最適な画素数 – 高精度計算サイト

画素数は写真の1要素

つまり画素数っていうのは、用途によって多くないとダメな場合もあるし、そんなに多くなくていい場合もあるってことなんだね。

そして、写真を構成している要素は画素数だけじゃない。

被写体の選定や構図、光や色の表現など、撮影者のパーソナリティーや被写体との関係性、撮影現場の状況、画素数以外のカメラ性能などなどといったたくさんの要素すべてが凝縮されて1枚の写真ができあがる。

今回、僕にとっては EOS R6 が最良の選択だと思うんだけど、みんなもそれぞれ自分にいちばんぴったりなカメラを選んで、撮影を心から楽しめるといいなと思うよ。

そんなわけで、EOS R6 の 約2000万画素 という画素数についての話、どうだったかな?
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > まとめ > EOS R6 の 約2,000万画素 という画素数について

この記事と類似または関連した記事

EOS R6 のポリカーボネートボディについて
EOS R6 のポリカーボネートボディについて
EOS R6予約した
Canon の最新フルサイズミラーレス一眼 EOS R6 を予約した話
EOS R5, EOS R6, EF-EOS Rどこにもない。
EOS R5、EOS R6、マウントアダプターEF-EOS R 今後の出荷見通しについて