1ページ丸ごとキャプチャーが可能なフリーソフト

新米Webデザイナーのペロです。よろしくお願いします。
今日は、あると便利なキャプチャーソフトについて書いていきます。

まず一般的なキャプチャの取り方は、

■画面全体をキャプチャー
→PrintScreenキーを押す。

■特定のウインドウのみキャプチャー
→キャプチャしたいウインドウを選択してAltキー+PrintScreenキーを同時押し。

といった感じだと思いますが、
ここで気になる点が出てきます…

・画面に収まりきらない縦長なWebページは1ページ丸ごとキャプチャーできずに下が切れてしまう。
・上部に使用ブラウザのメニューバーやツールバーなど余分なものが写る
・いちいち編集するのは面倒

そんな問題を解決するスクリーンキャプチャ用のソフトをご紹介。

CrenaHtml2jpg
1ページ丸ごとキャプチャーが取れます。また、リサイズも可能です。
カメラのセルフタイマー機能のような、
入力した秒数分遅れて取得する機能や、コマ撮り機能も付いていて動きのあるFlashのサイトにも便利です。

captst25
こちらのソフトもサイト全体のキャプチャーが可能です。
また、部分的な切抜きや、ホットキー機能、加えてエンボス加工やシャープがかけられたりと、
簡単な画像加工も可能です。

キャプラ
こちらもサイト全体のキャプチャーが可能。
また、ツールを設定することができるので、
キャプチャ後、ソフト上でphotoshopを起動して画像編集ということもできます。
また、リソースの消費もしないため、メモリの少ないPCにもお進めです。

と、1ページ丸ごとキャプチャーする以外にも、
ソフトによって様々な機能が付いていますね。
自分に合ったキャプチャーソフトを探してみるのも良いかもしれません。

この記事は

Interest Speaker > 紹介 > 1ページ丸ごとキャプチャーが可能なフリーソフト

この記事と類似または関連した記事

facebookで画像を投稿できないときの対処法
Photoshopで編集済みの写真をFacebookに投稿できないときの対処法
デモ画面をiPhoneで表示させてみた。
FlashをHTML5に自動変換するSmokescreenで、iPhone・iPadでもflashコンテンツを表示可能に!?
色の濃淡を比較できる、便利な配色ツール「0to255」