「キャッチコピーの作り方」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年5月23日~29日)

やぁみんな!
今週も、Web/アプリ界隈の興味深かった話題、いってみよう。
5月23日~29日の間で目にした話題の中から興味深かったものをまとめていくぞ。

Web、アプリ界隈で興味深かった話題(2015年5月23日~29日)

技術的負債を管理する

元記事はこちら
なるほどなーという気づきや共感とともに興味深く読ませてもらったよ。
森羅万象四角四面ではうまくいかないこともあるってことかな。
いや、森羅万象四角四面じゃないほうがうまくいくこともあるっていうほうがしっくりくるか。

htmlやcssを書く場合でも、だいたいみんな「ここたぶんあとで苦労するけど時間ないからこれでいっちゃえ」とか「ここはまぁこんな感じでも大丈夫だろ」とかをなんとなく考えながら書いてると思うんだ。

本来はそんな判断も、都度現場判断ではなく、仕様策定や見積もりに含まれている内容であるべきなんだろうけど、、、なかなかそうもいかないよね。

それにしてもルール作りや仕組み作りっていうのは、本当に難しくて面倒だよね。

キャッチコピーの作り方|もう失敗しないための7大テクニック!

元記事はこちら
わかっているようで実践できていないものもある気がするよ。
まぁこれが絶対というわけではないんだけど、頭の片隅に置いておきたいよね。

だれでもできる!Webライティング「見直しのための12のポイント」

元記事はこちら
意外と長い記事だったので途中で一旦読むのをやめたよ。
ライターさんにはちょっと見直してもらって、「この記事長すぎるかな?」「『12のポイント』は多すぎるかな?」と気付いてもらえると良かったかもしれないね。
あ、でもそのあとちゃんと通して読み直したぞ。

「読みやすさ」っていうのは、本当にいろいろな要素から成り立っているよね。
それこそ文章の長さ(文章量)だったり、長かったとしても分割するとか、写真や図版を折り混ぜて心理的ハードルを下げるとか。
リズムやメリハリといったテクニック的なことや、フォントの選定、フォントサイズ、フォントと背景の明度差、文字の視認性や可読性などなど。
↑の記事で紹介されているような数々の注意点ももちろんそうだ。

本当は全部「プロの仕事」なんだけど、たとえばWebサイトを作っていても、企業の担当さんが原稿を書いていたり、デザイナーに丸投げされてしまったりと、原稿の重要性や原稿執筆の難易度っていうものがちゃんと理解されていない場合が結構あるよね。

予算や納期の関係でどうにもならないことが多いとは思うんだけど、それでもこのあたりを理解してくれる人が増えていくといいなぁと、編集兼ライター出身のデザイナーである僕は思ったよ。

なんてことを書きながら、この記事自体も結構長くなっているよね。。。
次からは気をつけるよ!

いわゆる『制作ディレクター』は不要になるかもしれない…という話 | Webディレクターズマニュアル

元記事はこちら
デザイナーのみならず、ディレクターもそのあり方が変わりつつあるのかもしれないね。
ここでいう「ディレクター」っていうのは、「“制作というフロー”に特化したディレクター」のことだ。

でもそもそも、「“制作というフロー”に特化したディレクター」なんていうのは不完全な存在で、名刺に「Webディレクター」って肩書きを書いていいのは、ちゃんとお金の話ができて、事業計画の話ができて、その上でWebサイトの提案ができる人であるべきかなと僕は思っているよ。

デザイナーである僕も、上位クラスにジョブチェンジするために、新しいアビリティを身につけたいとは思っている。
ディレクション側に寄せるか、テック側に寄せるか、あるいはその両方か。。。
日々精進の連続だよね。。。

iframeの高さを中身のコンテンツにあわせて切り替えられる「setIframeHeight」:phpspot開発日誌

元記事はこちら
場合によっては便利そうだよね。
Webサイトにgoogleフォームを設置するときなんかに使えるのかもしれない。

WEBも紙も!ハイブリッドなクリエイターになるために ―印刷加工の基礎知識― | Web制作ならWebNAUT

元記事はこちら
これは知っておくと何かのときに役立ちそうだね。

Webアニメーションを極める、5つのデザインテクニックまとめ – PhotoshopVIP

元記事はこちら
伝える手段だったり、注目させる手段だったり、装飾の手段だったり。
いろいろな用途があるけど、適材適所で効果的な使い方を判断したいよね。

簡単にWebサイトが作れるというAmebaの「AmebaOwnd」を試してみた。

AmebaOwnd
ちょっと気になったので、「AmebaOwnd」を試してみたぞ。
UIが微妙に直観的ではなく、「思いどおりのものがすごく簡単にサクサク作れる」という感じではなかった。
作るWebサイトのレイアウトなど制約も多く、作りたいものがそこそこ複雑で、その具体的なビジョンが頭の中にあればあるほど、作れるものとの乖離に残念感が濃くなる気がする。

とはいえ、「写真とテキストが重箱型に並んでればオッケー」程度の物であればすぐに作れるし、デザインテンプレートも色違いレイアウト違いでそこそこあるので、用途次第ではアリなのかもしれない。

あんまり期待して使い始めると残念な気持ちになるって感じかな。

企業ユーザーも見込んでいるとのことで、SEO向けのちょっとした設定(titleやdescription)ができて、google analytics も設置できる。
独自ドメインは有料プランのみ可で、有料プランでは他にも、広告が出なくなるなどいくつかの制限が解除されるみたいだ。

アメブロがブログツールとしてだいぶ一般的になっているように、AmebaOwnd もこれから徐々に浸透していくのかもしれないね。
ちょっと注目してみよう。

女性はYahoo!検索が好き、でも今の20代はGoogle検索が多い――検索サイト利用実態調査 | はじめてWEBニュース | Web担当者Forum

元記事はこちら
これは、若者のスマホ利用率が増えてWindows PC でありがちだった「スタートページがYahoo」という状況が少なくなったというのもあるのかな。
純粋に嗜好性が反映されているという感じでもない気がするよね。
まぁ「結果そうなっている」という点ではそうなんだろうけど。

料金表をわかりやすくデザインするコツ。実例やレスポンシブ対応サンプルも! | Webクリエイターボックス

元記事はこちら
「選んで欲しいプランを目立たせる」っていうのは大切だよね。

Webページをブラウザから印刷する際に、最適化するためのCSSのフレームワーク -Hartija | コリス

元記事はこちら
印刷対応は面倒だから、あまり考えたくないんだけど。。。
参考になりそうだね。

Web配色で変わる!誰もが興味をもつ見本となる4つのパターンとテクニック!

元記事はこちら
勉強になるね。
Webデザインを仕事にしたいと思っているおともだちで、美術を学んでいない、あるいは、経験から学んでいないというおともだちには、こういう記事がとても役に立つと思うぞ。
「デザイナーじゃないけどチラシやポップを作らなきゃならない」とか「デザイナーじゃないけど提案資料を作らなきゃならない」なんていうおともだちにも役に立つ記事だね。

SNSボタンをページに設置する本当の効果とは | Skan

元記事はこちら
たくさんシェアされているページというのは、「多くの人に支持されている」「多くの共感を得ている」そして、そもそも「多くの人に見られている」ということが言えるよね。
よほどの天邪鬼じゃない限り、「読んでみようかな」っていう気持ちを喚起する要因にはなりそうだ。

ただ、シェア数を表示するとして、ゼロ行進になってしまうページも多いと思う。
そんな場合は、数字が出ていることで逆にページの印象が悪くなってしまいそうだよね。
これも、適材適所、効果的に使える判断をしたいね。

Googleの検索結果にiOSアプリのコンテンツも表示するように | TechCrunch Japan

元記事はこちら
これは便利かもしれないね。
でもそうなるとgoogleは、膨大な数のAndroid / iOS アプリの内容と、それぞれのユーザーの端末内にあるアプリを把握していなければならないってことだ。
端末内のアプリに関しては、とりあえず置いといてもらってもいい気がするけどね。

新しい写真素材サイトがどんどん増えてる!高品質な写真画像がクレジット表記無しで無料利用できるサイトのまとめ | コリス

元記事はこちら
ありがたい話なんだけど、こういうのを横断的に検索できるサイトが欲しいよね。
いろんなサイトをハシゴして探すのは結構大変だ。
ということで、、、↓

フリーの写真を公開している複数のストックフォトサイトからまとめて探せるMacアプリ・「Zoommy」 – かちびと.net

元記事はこちら
こういうアプリが存在価値を高めてくるわけだよね。
試してみるよ。

求職者が書いたコードを自動的に分析して評価するAIプロダクトTARAを作ったGradberry…雇用に真の能力主義を | TechCrunch Japan

元記事はこちら
興味深い話だね。
明確な評価基準があって、評価を自動でできるとなれば、これはありがたい話だ。
htmlやcssのコーディングにも、これは適用できそうだよね。

この記事は

> > > 「キャッチコピーの作り方」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年5月23日~29日)

この記事と類似または関連した記事

Web、アプリ界隈で興味深かった話題(2015年6月20日~6月26日)
「Instagramがトレンドや場所の検索機能追加でニュースっぽくなる」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年6月20日~6月26日)
先週1週間で興味深かった話題
『女子高生「80%がiPhone」』他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年5月16日~22日)
Web、アプリ界隈で興味深かった話題(2015年5月30日~6月5日)
「スマート砲の威力は?」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年5月30日~6月5日)