「アイデアで企業の新商品開発を支援!電通、アイデア・ショーケース・サイト「TOPPA!」オープン」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年7月4日~7月10日)

やぁみんな!

先週は、インパクトのあるキャッチコピーやアイデア出しの参考になりそうなサービスがいくつか目についた週だったぞ。
デザインまわりで改めて考えるきっかけになる話題もあった。

Web、アプリ界隈で興味深かった話題(2015年7月4日~7月10日)

アイデアで企業の新商品開発を支援!電通、アイデア・ショーケース・サイト「TOPPA!」オープン:MarkeZine(マーケジン)

元記事はこちら
TOPPA! | 突破するイノベーションデザイン
なるほど。
これはおもしろいね。
「アイデアの種」「アイデア」「実用例」を見ることができて、「だったらこんなこともできそう」「こっちのほうがおもしろそう」という発想のきっかけになりそうだ。
おもしろいアイデアやサービスがここから生まれるかもしれないね。

[N] 「インクを買うより新しいプリンターを買おう」って凄い広告だなと思った

元記事はこちら
たしかにすごいキャッチコピーだね。。。
でも、商品の価格を見て納得したよ。
EPSON インクジェット複合機 Colorio PX-045A
EPSON インクジェット複合機 Colorio PX-047A 無線 スマートフォンプリント

たしかに、こんなコピーを付けたくなるような価格だね。。。

Wi-Fi・電源無料のスペースも1席1時間単位でレンタル可能な「eichiii」が間もなくローンチ | TechCrunch Japan

元記事はこちら
レンタルサービス、マッチングサービスも多様化してきているね。
利用できるものは何でも利用して収益化する。
この姿勢は今後ますます大切かもしれない。
企業に限らず、個人でもそうなんじゃないかな。

自分の洋服で“おしゃれな誰か”が着回し提案、「クローゼット」が1.4億円調達 | TechCrunch Japan

元記事はこちら
これはいい目の付け所だね。
着回しはパターンが決まってきて、お気に入りのセットができてしまいがちだ。
合わせる服がないせいで眠っている服というのも結構ありそうだよね。

2004年スタートのアクティビティー予約サイト「そとあそび」、B Dashから2億円の資金調達 | TechCrunch Japan

元記事はこちら
レジャー・アクティビティの予約サイト|そとあそび
出前や予約のサービスがちょいちょい話題に上るけど、「アクティビティ」というのはなかなかニッチな商材だよね。
でも、サイトを眺めていると、「あ、そんなこと体験できるんだ」っていうのもあって、「今度やってみようかな」なんて思ったりもするよ。
スマホやテレビゲームで遊ぶのもいいけど、外で思いっきり楽しむのも、いいよね。

Facebookの友達アイコンが変更へ。より男女同権に : ギズモード・ジャパン

元記事はこちら
日本では今のところこの流れをあまり体感しないけど、世界ではこういった表現についてのリデザインが推し進められているんだろうか。
デザインするときに念頭に置いておくことにするよ。

Instagram、写真解像度を640ピクセルから1080ピクセルへ | TechCrunch Japan

元記事はこちら
iPhoneがretinaディスプレイを採用してからもうずいぶん経つし、AndroidスマホもHDディスプレイが主流になっている昨今、これは自然な流れだろうね。
ビジネス利用も推進したいだろうし、時は満ちたっていう感じかな。

閲覧デバイスによってユーザのニーズは変わるのか? – Rriver

元記事はこちら
「閲覧デバイスによってユーザのニーズが変わる」というよりは、「ユーザの置かれた状況によって使用デバイスが変わる可能性はある。ので、必要な情報(の優先度)も変わる可能性がある」っていうことだよね。

たとえば、動物園に行きたいユーザがいるとする。

家にいて、どの動物園に行くかを検討している。
そんなときは、「どこにあるのか」「どんな動物がいるのか」「どんな設備があるのか」「開園時間と閉演時間」「近くにどんな施設があるのか」など、検討材料が欲しい。

いざ、行く動物園を決めて出かけた。
そんなときは、まず、「家からその動物園までのルート案内」が欲しい。
動物園についてからは、「園内のルート案内」や「各動物付近の混雑具合」あるいは「帰りのルートと渋滞情報」なんかが欲しいよね。

状況によって欲しい情報は変わる。

とはいえ、今やスマホはいついかなる時も手放せないツールになりつつある。
家でゴロゴロしててもスマホ。
移動中の電車の中でもスマホ。
友だちと待ち合わせててもスマホ。
食事中でもスマホ。
そんな世の中だからね。
閲覧デバイスからユーザのニーズを読み解くのは、難しくなっていると言える。
コンテンツを出し分けるとしたら、ユーザに任意で欲しい情報を選んでもらうのが現実的かな。

マテリアルデザインを手軽に!CSS/HTML/JSコンポーネント「Material Design Lite」の使い方まとめ – PhotoshopVIP

元記事はこちら
これは使ってみたいね。
近いうちに何かの制作で使ってみようと思うよ。

モーダルウィンドウを考える — Website Usability Info

元記事はこちら
モーダルウィンドウはもはや当たり前のUIとなってしまっているだけに、盲目的に採用しているケースもある気がするね。
わかりやすさや使いやすさについて、改めて考えてみたいと思うよ。

この記事は

> > > 「アイデアで企業の新商品開発を支援!電通、アイデア・ショーケース・サイト「TOPPA!」オープン」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年7月4日~7月10日)

この記事と類似または関連した記事

Web、アプリ界隈で興味深かった話題(2015年5月30日~6月5日)
「スマート砲の威力は?」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年5月30日~6月5日)
先週1週間で興味深かった話題
『女子高生「80%がiPhone」』他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年5月16日~22日)
Web、アプリ界隈で興味深かった話題(2015年7月18日~7月24日)
「「オウンドメディアはコスパのいい広告ですか?」、バーグハンバーグバーグ柿次郎氏インタビュー」他、Web/アプリ界隈で個人的に興味深かった話題(2015年7月18日~7月24日)