VMware Server 仮想マシン作成

WindowsXPにVMware Serverをインストールして仮想マシン(Linux)を作成する手順を説明します。

■VMware Serverのインストール

まずは、VMware Serverのインストーラをダウンロードします。
下記のURLからダウンロードしてください。
http://www.vmware.com/jp/products/server/
※ダウンロードするにはメールアドレスなどのユーザー登録が必要です。
※登録したメールアドレスにVMware Server用のシリアル番号が送られてきます。

VMware Serverをインストールします。

ダウンロードした「VMware-server-2.0.2-203138.exe」をクリックして、インストーラを起動させてください。
インストール先フォルダやシリアル番号を入力して、インストールします。
PCを再起動してインストール完了となります。

■仮想マシン(Linux)の作成

次に仮想マシン(Linux)を作成します。
ここではCentOS4をゲストOSとして作成します。
まずは下記のURLから「CentOS-4.8-i386-binDVD.iso」をダウンロードします。
http://mirror.centos.org/centos/4/isos/
ダウンロードした「CentOS-4.8-i386-binDVD.iso」はVMware Serverをインストールしたフォルダにあわせて
「~パス~Virtual Machines」以下
に置いてください。

次に「VMware Infrastructure Web Access」を起動させてログインします。

「Virtual Machine」→「Create Virtual Machine」をクリックし作成する仮想マシンを設定します。
ここでは、下記のように設定しました。

Name VMRHL432
Operating System Linux operating system
Version Red Hat Enterprise Linux 4(32-bit)
Memory 512MB
Processors 1
Hard Disk Create a New Virtual Disk
Capacity 8GB
Location [standard] VMRHL432/VMRHL432.vmdk
File Options Allocate all disk space nowにチェックを入れる
split disk into 2 GB filesにチェックを入れない
Disk Mode 未チェック
Virtual Device Node Adapter:IDE1 Device:0
Policies Optimize for safetyを選択
Network Adapter Add a Network Adapter
Network Connection NAT
Connect at Power On Yesにチェックを入れる
Host Media Use an ISO Image
Image File ~パス~Virtual MachinesCentOS-4.8-i386-binDVD.isoを選択する
Connect at Power On Yesにチェックを入れる
Virtual Device Node Adapter:IDE1 Device:1
Floppy Drive Don’t Add a Floppy Driveを選択する
USB Controller Don’t Add a Floppy Driveを選択する

最後に「Finish」をクリックすると仮想マシンが作成されます。

以上になります。

この記事は

> > > VMware Server 仮想マシン作成

この記事と類似または関連した記事

VMware Server ゲストOS(Linux)のインストール
画像がありません
PHPとOracleDBの連携
Subversionのインストールについて