「SMS」と「MMS」の違い

やぁみんな!
今回は、「SMS」と「MMS」の違いについて簡単に書いておくぞ。

「SMS」と「MMS」の違い。

「SMS」「MMS」は、よく「SMS/MMS」とひとくくりで記述されることが多くて、「えっと。。。?」ってなるおともだちも多いと思う。
そこで今回は、いまさらだけど「SMS」と「MMS」の違いをはっきりさせておこうと思ったんだ。

「SMS」と「MMS」

SMS MMS
「ショート メッセージ サービス」の略 「マルチメディア メッセージング サービス」の略
電話番号で送受信 @docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpといったキャリアのメールアドレスで送受信
基本文字数制限「全角70文字、半角160文字まで」(キャリアや料金プランによって違う) 文字数制限なし
写真は送れない 写真も送れる
受信は無料、送信は1通ごとに有料(料金プランによっては無料) 料金はパケット定額に含まれる

MVNO(格安スマホ/格安SIM)ではMMSが使えない

上記表を見てもらうとわかるとおり、MMSはキャリア(通信事業者)から割り当てられるメールアドレスを使用する。
つまり、キャリアを利用しない格安スマホ/格安SIMでは、MMSを使用できないっていうことなんだ。
SMSを使用するか、LINEまたはTwitterやFacebookなどの代替手段を使うしかないね。

ちなみにiPhoneでは

SMSとMMS(iPhoneの場合)

iPhoneでは、MMSは水色の吹き出しで、SMSは緑色の吹き出しで、会話がやり取りされる。
キャリアに関係なく、iOSデバイス(iPhone,iPad,iPod touch)同士なら、iMessageが適用されて、MMSと同等の機能を持ったメッセージのやり取りをおこなえるぞ。

どうだったかな?
「SMS」と「MMS」の違い
まぁ、わからなかったからといってどうということでもないんだけど、なんとなくモヤモヤしがちな話題だよね。
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > まとめ > 「SMS」と「MMS」の違い

この記事と類似または関連した記事

IIJmioでiPhone6sからiPhone7に機種変更した。
IIJmio で iPhone 6s から iPhone 7 に機種変更した
SoftBankからIIJmioへ。そのとき料金は?
SoftBank iPhone 6s をSIMロック解除してMVNO格安SIM(IIJmio音声通話+SMS付き)で使うための手続き方法(手順)
新型iPhone「iPhone 5s」「iPhone 5c」発表!