「SMS」と「MMS」の違い

どうもこんにちは。satoです。
今回は、「MMS」とは? 「SMS」とは? その違いは?という話をしようと思います。

「SMS」「MMS」は、よく「SMS/MMS」とひとくくりで記述されることが多く、困惑しまう人も多いかと思います。
僕自身もそうでした。
そこで今回は、いまさらながら「SMS」とはどういうものなのか、「MMS」とはどういうものなのか、そしてその違いをはっきりさせておこうと考えた次第です。

「MMS」と「SMS」

MMSとは?

MMSは「マルチメディア メッセージ サービス」の略で、キャリア(Softbank, au)から提供されるメールアドレス(@softbank.ne.jp, @ezweb.ne.jp)同士でやり取りするサービスです。
※docomoはMMSに対応していないとのこと。
「マルチメディア」と付くとおり、写真や動画、音楽といったファイルを添付することができます
文字数制限もありません
インターネットと同じで、料金はデータ通信に含まれます
つまり、データ定額プラン(上限なし)を利用しているなら、料金を気にしなくて大丈夫です。
「○○GB」といった制限付きプランの場合は、容量を消費するので要注意ですね。

SMSとは?

SMSは「ショート メッセージ サービス」の略で、電話番号同士で短いメッセージを送受信するサービスです。
ごく短い文章のやり取りを想定していて、文字数制限があります(キャリアや料金プランによる)。
また、写真や動画といったファイルを添付することはできません
そして、通話と同じで送る側に料金が発生します(料金プランによる)。

MMSとSMSの比較表

MMS SMS
「マルチメディア メッセージング サービス」の略 「ショート メッセージ サービス」の略
かつて「ショートメール」と呼ばれていたもの。
@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpといったキャリアのメールアドレスで送受信 電話番号で送受信
文字数制限なし 基本文字数制限「全角70文字、半角160文字まで」(キャリアや料金プランによって違う)
写真も送れる 写真は送れない
料金はパケット定額に含まれる 受信は無料、送信は1通ごとに有料(料金プランによっては無料)

参考までに、各キャリア公式のメール、SMS、MMSに関するページを紹介しておきます。

MMSの設定方法

先述したとおり、MMSはキャリアから提供されるMMSメールアドレスで送受信をおこないます。
よって、使うときにはあらかじめメールアドレスを設定しておく必要があります。
Softbankとauの設定方法についてのページを紹介しておきましょう。

MMSメールアドレス

MMS機能を有効にするために必要な、xxx@softbank.ne.jpやxxx@ezweb.ne.jpといったメールアドレスです。
@の前のxxxの部分には、あなたが設定したアルファベットや数字が入ります。

SoftbankのMMS設定方法

iPhoneの場合

  1. My Softbank にログインする
  2. 「設定するメールサービスを選択してください」で「S!メール」をタップ
  3. 「S!メール(MMS)の設定」でMMSメールアドレスを確認
  4. iPhoneのホーム画面に戻り「設定」アプリを起動
  5. アプリ一覧の中から「メッセージ」をタップ
  6. 「MMSメッセージ」をオン(スイッチが右側・緑色の状態)にする
  7. 「MMSメールアドレス」の欄に先ほど確認したMMSメールアドレスを入力

auのMMS設定方法

iPhoneの場合
メール初期設定(メールアプリ)| 初期設定・使い方ガイド | iPhone | au

Androidの場合
ご利用にあたって | メール設定の変更・確認(Android) | au

MMSが使えない!?

MVNO(格安スマホ/格安SIM)ではMMSが使えない

上記表を見ていただくとわかるとおり、MMSはキャリア(通信事業者)から割り当てられるメールアドレスを使用します。
つまり、キャリアを利用しない格安スマホ/格安SIMでは、MMSを使用できないということになります。
MVNO(格安スマホ/格安SIM)では、SMSを使用するか、LINEまたはTwitterやFacebookなどのSNS、GmailやYahoo!メールなどのメールサービスといった代替手段を使うしかないでしょう。

docomoもMMSが使えない

3大キャリアのうち唯一、docomoではMMSを使えません
i-mode時代からの独自路線の延長なんでしょうか?
独自の代替サービスがあるようですが、docomoさん、、、そういうとこだと思いますよ?

よくあるご質問(FAQ) | お客様サポート | NTTドコモ

MMSが使えるMVNOもある?

Y!mobile では「@ymobile.ne.jp」というメールアドレスが提供されており、iPhoneのメッセージアプリなどでMMSを利用できます。

MMS|メール|通信|サービス|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで
[iPhone]MMS(@ymobile.ne.jp)をメッセージで使用するための設定方法を教えてください。|よくあるご質問(FAQ)|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

UQモバイルも「@uqmobile.jp」というメールアドレスを提供しています。
FAQページによれば MMS で利用できる旨の記載があります。
MMSは使えますか? | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

楽天モバイルでも「@rakuten.jp」というメールアドレスが提供されていますが、これは MMS ではなく普通のEメールアドレスとして利用するだけになります。
楽天モバイル: 楽天メールの登録設定方法

iPhoneのMMS/SMS/iMessage

iPhoneでは、SMSもMMSも「メッセージ」アプリを利用して送受信することになります。
メッセージの宛先によって自動的に判断してSMSとMMSを使い分けてくれるので、ユーザーはMMSとSMSの区別を気にする必要はありません。

また、キャリアに関係なく、iOSデバイス(iPhone,iPad,iPod touch)同士やiOSデバイスとMac間なら、iMessageが適用されて、MMSと同等の機能を持ったメッセージのやり取りができます

SMS/MMSでは自分の吹き出しが緑色で、iMessageでは自分の吹き出しが水色で表示されます。

+メッセージ(プラスメッセージ)

docomo、au、Softbank を使っているなら、+メッセージ(プラスメッセージ)を使うことができます。
専用のアプリをAppStoreまたはGooglePlayでダウンロードして利用します。

これは

  • 申し込み不要
  • 月額料金無料
  • 送受信料金はパケット定額に含まれる
  • 電話番号で送受信できる
  • 写真や動画も送受信できる(100MBまで)
  • 文字数制限がない(あるけど2,730文字なので実質ないも同然)
  • いろいろなスタンプも用意されている
  • docomo、au、Softbank どのキャリア同士でも送受信できる
  • グループ機能つき
  • 企業等の公式アカウントがある

という、言ってみればキャリア公式のLINEアプリのようなものです。
電話番号でやりとりする点ではSMSと同じですが、文字数制限が大幅に緩和されていたり、写真や動画なども送受信できたりと、MMSの便利な機能を利用することができます

アプリをダウンロードすれば、面倒な登録や設定なしですぐに使い始めることがでる、というのも嬉しいポイントですね。

MMSとSMS、実は全然違う

というわけで、「MMS」とは? 「SMS」とは? その違いは?という話、どうだったでしょうか?
比較表も作ってみましたが、比べてみれば一目瞭然、MMSとSMSは同じようで全然違うものですね。
わからなかったからといってどうということでもないんですが、なんとなくモヤモヤしがちな話題でした。

みなさん、よかったら参考にしてみてください。

この記事と類似または関連した記事