デスク周りの掃除にぴったり!MOVEGUハンディークリーナー買ってよかった5つのポイント

やぁみんな!
今回は、デスク周りの掃除にぴったり!MOVEGUハンディークリーナー買ってよかった5つのポイントをご紹介するぞ。
実際に僕が3か月ほど使ってみて、心から「買ってよかった!」と思っているアイテムなので、みんなにも教えたい。
よかったら読んでみてくれ。

デスクの上には意外とホコリが溜まる

みんなのデスクにはホコリが溜まっていないかな?
ホコリは意外とすぐに溜まるもので、一晩寝て次の日に仕事を始めるときにはデスクの上にちょっとホコリが溜まっていたりする。

僕は MacBook Pro を開きっぱなしでデスクの上に置いたままにしているんだけど、朝仕事を始めようとするとディスプレイやキーボードに少しホコリが溜まっているのが結構気になってしまうんだ。

パソコンのディスプレイには意外とホコリがたくさん

朝、仕事を始める前の MacBook Pro のディスプレイ。意外とホコリが溜まっている。

デスクの上のホコリの溜まりやすさは環境や状況で変わってくると思うけど、もしかすると僕の場合は完全在宅で仕事をしていて仕事をするスペースと生活をするスペースが一緒だから、生活の中で発生するホコリが溜まってしまうのかもしれない。

以前はエアダスターやお掃除シートで掃除していた

デスク全体はひとまず置いておくとしても、MacBook Pro のディスプレイやキーボードについたホコリは気になる。
そこで僕は毎朝仕事を始める前にエアダスターで MacBook Pro についたホコリを吹き飛ばしていたんだ。
これ↓。

ただ、吹き飛ばしたホコリがまたどこか別の場所に溜まるだけなのと、エアダスターの空き缶をゴミとして捨てなければならないのがちょっと気になりだして、掃除用のホコリ吸着シートをダイソーで買ってきてそれで拭くようになった。
これ↓。

お掃除シート(フローリング用、ドライタイプ)|【公式】DAISO(ダイソー)ネットストア

ただ、お掃除シートを買い足すのが面倒だし、拭いたときの静電気でまたディスプレイにホコリがついてしまうことがあったり、トップケースを拭いたときにキーボードの隙間に小さなゴミが入ってしまったりするのが嫌で、別の方法を検討し始めたんだ。

そして、「吹き飛ばす」「拭き取る」以外の解決策として「吸い取る」を採用することにして、ハンディークリーナーを試してみたってわけ。
するとこれが思っていた以上に良かった。
やっぱり買って正解だったんだよね。

MOVEGUハンディークリーナーを買って良かったと思う5つのポイント

僕が購入したのはこのハンディークリーナーだ。
MOVEGUっていうメーカーのもの。
Amazonで探してみると、同じ価格帯で同じような製品が結構あったんだけど、デザインがシンプルで使いやすそうだったのでこれにしたぞ。

MOVEGUハンディークリーナーセット内容

MOVEGUハンディークリーナー

これ、購入してからもう3か月くらい毎日使っていて、使っていてやっぱり買って良かったな〜と思う。
その「買って良かったな〜」ポイントを5つリストアップしてみたので見てくれ!

  • しっかり吸い取れる
  • ブラシノズルで MacBook Pro を傷つけずに吸える
  • 充電式で手軽に使える
  • 充電は1か月に1回くらい3時間
  • 余計なゴミが出ない

しっかり吸い取れる

これが一番大事だと思うんだけど、小さいのに吸引力はしっかりあって、十分にデスク周りを掃除することができるんだ。
MacBook Pro やデスクに付いたホコリはもちろん、ちょっとしたお菓子の食べカスなんかもスイスイ吸い取ってくれるぞ。

ブラシノズルで MacBook Pro を傷つけずに吸える

MOVEGUハンディークリーナーには、先端が細くなった隙間ノズルみたいなやつと、その先に取り付けるブラシノズルが付属している。
僕は主に MacBook Pro のディスプレイとキーボードに付いたホコリを吸い取りたいから、MacBook Proを傷つけないように、ブラシノズルを取り付けて優しく掃除しているぞ。
ス〜ッス〜ッと滑らせるように動かすんだ。

ブラシノズルのブラシは比較的柔らかく、もうずっと MacBook Pro のディスプレイを掃除しているけど、ディスプレイが傷ついたりもしていないぞ。

MOVEGUハンディークリーナーの隙間ノズル

MOVEGUハンディークリーナーのブラシノズル

充電式で手軽に使える

ハンディークリーナーだからもちろんコードレス。
使いたいときにサッと使えるから、とっても便利だ。

電池式ではなく、充電式で、充電は USB TYPE-C 形式だぞ。

USB TYPE-C ポートが付いている。

充電は1か月に1回くらい3時間

公式の発表では、1回3時間の充電で使える時間は約20分。

僕の場合、毎朝 MacBook Pro を使う前にサッとキレイにするだけだから、1回の使用時間は30秒程度
購入してから3か月とちょっと使っているけど、その間充電したのは2回だけだ。
1回の満充電で2か月はもたないけど、1か月以上は余裕でもっているね。
あくまでも僕の使い方で、だけどね。

余計なゴミが出ない

エアダスターのときの空き缶や使い捨てのお掃除シートのように、使っていて余計なゴミが出ることがない
これは素晴らしいことだね。

集塵タンクはクルッとひねると着脱できる。

MOVEGUハンディークリーナーの集塵タンクを外したところ。

MOVEGUハンディークリーナーのフィルターを外したところ。

使い始めて3か月とちょっと、フィルターの掃除はまだしたことがないんだけど、そろそろしてもいい頃かもしれない。

MOVEGU_HandyCleaner_フィルターが汚れてきた

3か月使ってそろそろフィルターが汚れてきた。

ちなみにMOVEGUハンディークリーナーはちゃんと交換用のフィルターも別売りで用意されてるから、長期間使って傷んできたら買い替えることもできるね。

【注意】使える充電器と使えない充電器がある

世界共通規格の USB TYPE-C ポートを使った充電だからといって、どんな充電器でも充電できるかというと、そうじゃない。

僕は最初、手持ちの Anker PowerPort III mini で充電してみたんだけど、まったく充電できなかった。
Anker PowerPort Speed 1 PD60 でも試してみたんだけど、やっぱり充電できなかったんだ。

不思議に思って付属の充電ケーブルを見てみると、片側のコネクタが USB TYPE-A、もう一方が USB TYPE-C になっていた。
これを見もせずに、手元の充電器とUSB-Cケーブルで充電を試していたんだよね。

そこで、ダイソーで買った USB TYPE-C の充電器とMOVEGUハンディークリーナー付属の充電ケーブルを使ってみると、しっかり充電することができたぞ。

あ、ちなみに、MOVEGUハンディークリーナーには充電ケーブルは付属しているけど、充電器は付属していない。

他にも、Anker PowerPort II – 2 PowerIQ や、MacBook Pro に接続したUSBハブのAポートからの充電を試してみたけど、どれもしっかり充電できた。

MOVEGUハンディークリーナーの充電には、USB TYPE-A のポートが付いた充電器を使おう。

MOVEGUハンディークリーナーのスペック

重さ 290g
グリップ部分の直径 約42mm
全長(ノズルなし) 約250mm
吸引力 4500Pa
動作音 70dB
充電時間/連続稼働時間 約3時間/20分

というわけで、デスク周りの掃除にぴったり!MOVEGUハンディークリーナー買ってよかった5つのポイント、どうだったかな?
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事を読んだあなたへのおすすめ