電圧1.5Vの充電式電池「SZEMPTY」を試した話

やぁみんな!
今回は電圧1.5Vの充電式電池「SZEMPTY」を試した話をしようと思うぞ。

満充電なのに電池残量表示が瀕死状態

僕はカメラのストロボ用コマンダーにGodoxのX2Tを使ってるんだけど、使い始めてからずっと気になっていたことがあるんだ。

それは、「満充電の電池を入れてるのに電池残量表示が瀕死状態」ってこと。
X2T-CとX2T-Oを持っているけど、どちらも同じ。
電池には一般的な充電式電池を使っている(eneloopとかAmazonベーシックとか)。

さすがに気になってちょっと調べてみたところ、どうやら使う電池の電圧が低いと電池残量表示が正しく表示されないみたいなんだ。

Godox公式としては1.5Vアルカリ乾電池を推奨していて、1.5Vの電圧なら正しく残量表示されるみたいなんだけど、一般的な充電式電池は電圧が1.2Vなんだよね。
そのせいで、満充電なのにもかかわらず、電池残量表示が瀕死状態にしかならないってわけなんだ。

電圧1.5Vの充電式電池を探す

電圧1.2Vの充電式電池でも今のところ普通に使えているし、問題ないといえばないんだけど、どうもスッキリしない。

そこで、電圧1.5Vの充電式電池がないか探してみることにした。
Amazonで「充電式 電池 1.5V」と検索してみる。

すると、結構いろいろな製品がヒットした。

検索結果の中には普通のアルカリ乾電池や1.2Vの充電式電池が混じってるんだけど、そんな中、確かに1.5Vの充電式電池が存在したぞ。

充電器にセットして充電するんじゃなく、電池にUSBポートが付いていてケーブルを挿して充電するタイプが多いみたいだ。

eneloopやAmazonベーシックといった一般的な充電式電池はニッケル水素(Ni-MH)電池というタイプらしいんだけど、今回見つけた1.5Vの電池たちはリチウムイオン(Li-ion)電池やリチウムポリマー(Li-Po)電池というタイプらしいぞ。

電池に直接ケーブルを挿して充電するなんて、ユニークだよね。
あ、充電器にセットして充電するタイプもあるぞ。

今回は「SZEMPTY単3形充電式電池」を購入してみることにした。

SZEMPTY単3形充電式電池を開封

手元に届いたSZEMPTY単3形充電式電池、早速開封してみることにしよう。

こちらがパッケージだ。

パッケージを開けると、中には収納用ケースに収められた単三電池4本と充電ケーブル、多国語の取扱説明書が入っている。
説明書には日本語もちゃんとあったぞ。

充電ケーブルはUSB-Aで給電して4つ股に分かれたUSB-Cをそれぞれ電池のポートに挿して使うぞ。
コンセントから給電するためのアダプターは付属していないので、各自用意しよう。

電池にはそれぞれにUSB-Cポートが設置されている。
ここにケーブルを直接挿して充電するんだね。

充電ケーブルを挿してみよう。

なるほど。こういう感じか。
まぁ、あんまりスマートとは言えないかもしれないね。
なんとなく、Apple の MagicMouse を彷彿させるな。。。

充電は、空っぽの状態から1.5〜2時間で満充電になるとのこと。
充電中はUSBポートの奥のほうが赤くチカッチカッと1秒間隔くらいで点滅する。
満充電になると点滅が止まって点灯に変わるぞ。

X2Tの電池残量表示が見事満タンに!

というわけで、満タンまで充電したSZEMPTYの電池をX2Tに入れてみるぞ。
さて、満タン表示になるかな。。。?

おぉ! 満タン表示になったね!
やった〜!
いや〜、嬉しいなぁ。。。
X2Tの充電満タン状態を見れる日が来るなんて。。。

なるほどね〜。
1.2Vじゃなく、1.5Vの電池を入れれば、満タン状態になるんだね。
そういえば、1.5Vアルカリ乾電池で試してみたことはなかったけど。。。

あ〜スッキリした!

SZEMPTY単3形充電式電池は軽い

ところで、SZEMPTY単3形充電式電池を最初に持ったとき、「軽いな!?」と思ったので、試しに重さを測ってみたんだ。
SZEMPTY単3形充電式電池は1本あたり18グラム。
eneloopは1本あたり26グラムだったぞ。

安全性

安全性についての記述をAmazon商品ページから引用しておこう。

  • 過充電保護チップを内蔵。 完全に充電されると、バッテリーは自動的にオフになります。
  • 内蔵の過放電保護チップは、長期間使用しなくても、バッテリーが消耗していても、充電後は正常に使用できます。
  • 内蔵の短絡保護および防爆チップ。 デバイスが短絡している場合、またはバッテリーの正極と負極が接触している場合は、赤いライトが点滅します。
  • 1.5V定電圧、デバイスをより安定させます。
  • A +リチウムポリマー電池は、容量が大きく、安全で、長期の耐用年数が長くなります。

使用上の注意

注意事項もAmazon商品ページから引用しておくぞ。

  • リチウム電池は、フラッシュユニットなどの大電流が必要な製品には使用できません。 使用すると電池が熱くなり、外皮が剥がれ、電池が正常に動作しなくなります。
  • 充電中はバッテリーを使用しないでください。
  • 充電中は正極と負極が触れないようにしてください
  • バッテリーを火や水から遠ざけてください。
  • お子様の手の届かないところに保管してください。
  • バッテリーライトの点滅が速すぎる場合は、充電ケーブルまたは充電器を交換してください。 それでもフラッシュが速い場合は、二度と使用しないでください。ビデオを撮り、メッセージを残してください。新しいバッテリーをお送りします。
  • 輸送の安全のため、バッテリーは30%までしか充電されないため、使用前に完全に充電してください。
  • 新しい電池や異なるブランドの電池との混合は避けてください。
  • バッテリーの充電には、従来のバッテリー充電器ではなく、typeCケーブルを使用してください
  • 電子機器およびバッテリーのリサイクルに関する地域の規制に従ってください。

取扱説明書にはより細かな注意事項が書かれているから、使用する際にはしっかりと目を通しておこう。

スッキリ気持ち良くX2Tを使える

ながらくモヤモヤしていた霧が晴れたみたいな気分だな〜。
これでスッキリ気持ち良くX2Tを使えるよ!

みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事と類似または関連した記事