手袋などでiPhoneを滑って落としそうな季節、Apple純正シリコーンケースをiPhone 6に装着してみた。

やぁみんな!
今回は、iPhone 6 に、Apple 純正の「iPhone 6 シリコーンケース – グリーン」を装着してみたぞ。

僕は iPhone を裸のまま使うタイプなんだけど、冬、手が乾燥したり手袋をつけたりして滑りやすくなる季節ということもあって、滑り止め防止の役割を果たしてくれそうなケースを装着することにしたんだ。
iPhone 6 は、側面が曲線になって手触りがやさしくなった反面、ホールド感という面では、筐体サイズと合わせてちょっと不安だよね。
滑って落として割ってしまうリスクを軽減するために、シリコン系のケースを着けていきたい!

今回のケース選定の条件は以下の2点だ。

  1. 手袋をしていても滑りづらい
  2. iPhone 6 のデザインを邪魔しないシンプルなもの

まずはApple純正のケースをチェックしてみたんだ。
デザインの親和性という意味では、Apple 純正に勝るものはないはず!
Apple Store を眺めると、Apple 純正の iPhone 6 用ケースは、レザー製とシリコン製の2種類があった。
滑り止めという意味ではレザーでもOKだけど、普段の服装との相性を考えると、僕にはシリコン製が合っていると思ったぞ。

シリコン製ケースのカラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、グリーン、レッド。
ブルーもいいけど、んー、グリーンかな。
うん、これだ。決定。

装着

というわけで即決即買いしたシリコン製ケースを装着してみるぞ。


↑パッケージはきれいなブリスターパック。
開封はペリペリッと簡単。


↑iPhone に接する部分はほんのり起毛になっていて、iPhone にやさしそうだね。
プレス刻印が施されている。


↑マナーモード切り替えスイッチ部分は切り抜かれている。
ケースの厚みでスイッチが隠れてしまうので、片手で操作(左手で持って親指でor右手で持って人差し指で)するのは難しいね。
音量ボタンは覆われている。
操作感はちょっと強めにグッと押す感じ。


↑音量ボタン同様の作り。


↑上面は完全に覆われている。
安心感たっぷりだね。


↑下面は完全にオープン。
とはいえ角はしっかり保護されているので、もし落としてもiPhoneに被害はなさそうだ。


↑iPhoneと同様の位置にリンゴマークのエンボス加工。

カメラレンズとフラッシュ部分は切り抜かれて、ブラックの(FRP製?)フチが施されているぞ。
ここはケースと同系色かホワイトのほうがよかった気がするけど、まぁそんなには気にならない。

ケースを着けたことでカメラの出っ張りがクリアされるのは、隠れた恩恵かもしれないね。

グリップ良好。ホールド感バッチリ。

iPhone への装着は簡単。
カメラレンズ側をスポッと入れて、ホームボタン側をクイッと押し込むだけだぞ。

シリコンの質感はしっとりしていて、ほどよくざらつき感がある。
摩擦が増えてグリップは良くなったぞ。
手袋を着けて操作してみても、グリップは変わらず良好。
片手操作の安心感がグッとアップした。

ケースの厚みは1.5mmくらいかな?
厚みの分だけ、サイズ感がちょっと大きくなってしまうけど、まぁOK。
重さもほとんど気にならないかな。

ケースが保護してくれるのは裏面と側面だけだけど、表側に若干回り込む感じになっているので、もし平らな地面にガラス面を下にして落としても、ガラスが傷つく心配は少なそうだ。

ホワイトのiPhoneとグリーンのケースは色の相性も抜群だね。
冬だけの滑り止め対策のつもりで着けたケースだけど、春以降も着け続けてもいいかも。。。と思える。
服装に合わせていろいろな色のケースを付け替えるのも楽しそうだ。

さて、今回は、Apple純正iPhone6シリコーンケースの装着レポートをお届けしたぞ。
iPhoneにケースを着けようと考えているおともだちは、参考にしてみてくれよな!

この記事と類似または関連した記事