Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 を試してみた話

やぁみんな!
今回は、Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 を試してみた話をしようと思うぞ。

Apple 純正シリコーンケースが劣化してきたので買い替えたい

僕は今、iPhone XS を使っていて、ケースは iPhone XS と同時に購入した Apple 純正シリコーンケースのホワイトを使っている。

Apple純正シリコーンケースが黄ばんできた。

iPhone X の時も同じく、Apple 純正シリコーンケースのホワイトを使っていたんだけど、この Apple 純正シリコーンケース、使っているうちに色が変わってくるんだよね。
白だから目立つというのもあるのかもしれないんだけど、使っていると、よく触る部分が茶色っぽく変色してくるんだ。

よく触る部分が茶色く変色してきた。

あと、買ったばかりの頃はサラサラ気持ちいい手触りも、摩耗してツルツルになってくる。

まぁ、変色も磨耗も、形あるものだから仕方ないと言えば仕方ないし、気にしなければ大したことじゃない。
実際 iPhone X のときは、そのまま1年間使い続けた。
でもいい機会だし、他のケースを試してみてもいいかな、と思ったわけなんだ。

Amazon で iPhone XS 用ケースを探す

僕は基本的に、プラスチック製のケースを使わない。
iPhone に脱着する際、iPhone が傷つきそうだし、落としたときの衝撃吸収性もあまりなさそうだからだ。
レザー製はちょっと雰囲気が高級感に傾くので好みじゃない。

あと、手帳型のものは片手で操作するときに操作感が落ちそうなので好みじゃない。

色は、できれば白か、彩度低めのブルーやグリーンがいい。
クリア(透明)のものは避けるようにしていたんだ。iPhone とケースの間に入り込んだホコリや糸くずが見えると美しくないからね。
あと、ケースがiPhoneに吸着するような素材だと、吸着している部分としていない部分がまだら模様のようになって、これも美しくないよね。
でも、XやXSは背面がせっかく綺麗なガラスだから、それを生かせるようなクリアのものも慎重に選択肢に入れることにする。

最終的に選んだのはこの2つ

いろいろと見てみて選んだのがこの2つだ。

Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 超高品質 スムース 全面保護 衝撃吸収 Qi 充電 対応 滑り防止 指紋防止

ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア)

Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 超高品質 スムース 全面保護 衝撃吸収 Qi 充電 対応 滑り防止 指紋防止(以降「Bepack」)は、商品写真を見る限り、Apple純正シリコーンケースの類似品のような感じだ。しかも「変色しない」と書いてある。本当なら素晴らしい!
価格は1,299円。
素材や質感、各部位の寸法などはわからないけど、試してみてもいいかと思ったぞ。

ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア)(以降「ESRネイキッド」)は、軟らかい樹脂製のバンパーと硬い樹脂+ハードガラスの背面プレートを組み合わせた、クリアタイプのケースだ。
価格は1,699円。
レビューを軽く参照した限りでは、吸着によるまだら模様のレビューはなさそうだったので、試してみてもいいかと思ったぞ。

というわけで、以下ではBepackについてレポートしていく。
ESRネイキッドについてはまた別でレポートするぞ。
よかったら参考にしてみてくれ!

Bepack を iPhone XS に装着してみる

届いてまず驚いたのは、パッケージのシンプルさ。
白い無地の厚紙で作られた箱で、ブランド名や連絡先、材質についての表記など、あらゆる表記が一切ない。
シンプルというかなんというか。。。大丈夫かなこれ。。。

Bepack外箱。

箱を開けてみると、ビニール袋に入ったケースが。
これもまたなんというか。。。

Bepack中身。

ケース自体は、意外と普通だ。
そして、やっぱり Apple の純正シリコーンケースを模したような印象だ。
外側のリンゴマークと内側の刻印がないのと、成形の精度が低いのが純正との違い。

Bepack外側。

Bepack内側。

“成形の精度”というのは、全体の形状という意味じゃなくて、穴のエッジや突起部分のフチ、パーツ(金型?)の合わせ目にできたスジといった箇所のことだ。
Apple 純正のシリコーンケースは、こういう箇所が本当に丁寧に作られていることがよくわかる。

Bepackの成形は細部の精度が高くない。

ところどころ、黒い汚れのようなものが付着している。
爪で擦って取れたものもあるけど、取れないものもある。

Bepackは成形時のスジや汚れが目につく。

触った感じの質感はいい。純正と変わらない印象だ。

早速、iPhone XS に装着してみる。
装着するときの感触も、純正と変わらない。

装着してみると、ぴったりとしっかり装着できている感じだ。
だがしかし。。。!

カメラレンズ用の穴がズレていてちゃんとはまらない。
どうやらこのケースは iPhone XS 用ではなく iPhone X 用だったみたいだ。

BepackをiPhoneXSに装着してみたところ。

カメラレンズ部分の穴がズレてる。

試しに iPhone X に装着してみると、案の定、カメラレンズもぴったりと穴に収まった。
iPhone X と XS はカメラレンズのマウント位置が微妙に違うのは知る人ぞ知るところ。
こういうところはちゃんとやってほしいね〜。

BepackをiPhoneXに装着してみたらカメラレンズ穴もぴったり。

BepackをiPhoneX(XSではない)に装着したところ。前面。

BepackをiPhoneX(XSではない)に装着したところ。背面。

ということで、iPhone XS に装着して使い続けるという選択肢はなくなった。
まぁ、iPhone X 用の Apple 純正ケースはもう処分しちゃったから、このケースはしばらく iPhone X にでも着けておくことにしよう。

感想

今回は iPhone XS 用のケースを探していたから、そういう意味ではそもそも感想どうこう以前の話だけど。。。
“iPhone X 用のケース”という視点で感想を言うと。。。

iPhone X 本体に対してのフィット感はいい。この点は文句ない。
手触りも安っぽくなく、同価格帯の中では最上位と言っていいんじゃないかな。
ケース自体の厚みは1mm程度。丈夫で、しっかりと iPhone を守ってくれそうだ。

表面への回り込みもしっかりしていて、ディスプレイのガラス面より1mm程度高くなるように作られているぞ。
ガラス製の保護フィルムを貼っていても、それよりほんの少しケースのフチが高くなる。
ディスプレイ面を下にしてテーブルなどに置いても、ガラスが設置してしまうことがないから、傷の心配も軽減するね。

重さは、家庭用のキッチンスケールでケースだけの重さを計ったところ、約22グラムだったぞ。

色もきれいだ僕が買ったのはホワイトだったけど、黄ばんでいるようなことはなく、とてもすっきりとした白らしい白だったぞ。
それだけに、ところどころ黒い汚れが付着してしまっているのは本当に惜しい。

もう少し値段が上がってもいいから、成形の精度を上げてもらって、製造段階で汚れが付着しないような品質管理をしてもらえたなら、かなりいいケースになるんじゃないかな。

とはいえ、今の時点で価格が1,299円だからね。この価格で買えるケースとしては悪くないんじゃないかな。
値段相応って感じかな?

くどいようだけど、あくまでも、“iPhone X 用”だけどね。。。

というわけで、Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 を試してみた話、どうだったかな?
iPhone XS 用のケースを買ったつもりだったんだけど、買ってみたら iPhone X 用だったっていうミステイクはあったものの、iPhone X ユーザーのおともだちは参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > レポート > Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 を試してみた話

この記事と類似または関連した記事

ESRネイキッドの外箱表面。
ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア) を試してみた話
iOS 12.1 アップデートリリース
iOS 12.1 アップデートリリース
iOS12.0.1アップデートリリース
iOS 12.0.1 アップデートリリース