Softbankのエリアマップでプラチナバンドのサービスエリアを確認しよう!

やぁみんな!
7月25日、Softbankモバイルのプラチナバンドがついにスタートしたね。

「プラチナバンド」というのは、700MHz~900MHzの周波数帯をあらわす通称。
この周波数の電波は、従来Softbankで利用している2.1GHzの電波に比べて、届く範囲が広くて、障害物にも邪魔されにくい特性を持っているんだ。

つながりやすさという点で、今まではSoftbankだけがdocomoやauに比べて不利な状態だった。
でも、今回プラチナバンドを手に入れたことで、やっと、Softbankもdocomoやauと同じくらいつながりやすくなっていくはずだぞ。

そんなプラチナバンド、そのサービスエリアはまだまだ発展途上だけど、どの地域がカバーされているのか、自分のいる地域はカバーされているのか、ちょっと気になるよね。

そんなときは、ソフトバンクモバイルの公式Webサイトで、プラチナバンドのサービスエリア展開状況を確認してみよう!

エリアマップ | ソフトバンクモバイル

プラチナバンドのエリアマップを確認!

↓最初はソフトバンクモバイルのカバーエリアが表示されている。

ソフトバンクモバイルのカバーエリアが表示されている。

↓「プラチナバンドのみ表示」をクリック!

「プラチナバンドのみ表示」をクリックすると。。。

↓プラチナバンドのカバーエリアが表示されるぞ。

プラチナバンドのカバーエリアが表示される。

Softbankユーザーの僕らも、これでさらに快適にケータイ&スマホを使えるようになるね。

ただ、Softbankのすべてのケータイ&スマホでプラチナバンドの電波を利用できるわけではないので、注意が必要だ。
自分の使っているケータイ&スマホがプラチナバンドに対応しているかどうかは、↓こちらで確認してみてくれ!

プラチナバンド対応製品:プラチナバンド 特設サイト | ソフトバンクモバイル

プラチナバンド(900MHz帯)に対応している機種を教えて下さい。 | ソフトバンクモバイル

その他、プラチナバンドや電波については↓こちらを参考にしてみてほしいぞ。

プラチナバンド 特設サイト | ソフトバンクモバイル

プラチナバンド (ソフトバンクモバイル) – Wikipedia

プラチナバンドとは 「プラチナ周波数帯」 (Platinum frequency bands): – IT用語辞典バイナリ

総務省 電波利用ホームページ | 我が国の電波の使用状況

余談なんだけど、今まで、山手線に乗っているとき、恵比寿~目黒付近で電波が弱まったり圏外になっていたりしたんだけど、プラチナバンドがスタートしてからはちゃんとつながるようになった。

Softbankの電波は着実につながりやすくなっているって実感したよ。

これからも、どんどんサービスの質が上がってくれると嬉しいよね!
期待していよう!

この記事は

> > > Softbankのエリアマップでプラチナバンドのサービスエリアを確認しよう!

この記事と類似または関連した記事

SoftBankからIIJmioへ。そのとき料金は?
SoftBank iPhone 6s をSIMロック解除してMVNO格安SIM(IIJmio音声通話+SMS付き)で使うための手続き方法(手順)
SoftBank「のりかえ下取りプログラム」
SoftBank、のりかえで他社の携帯電話を最大43,200円で下取りする 「のりかえ下取りプログラム」開始
SoftBankからIIJmioへ。そのとき料金は?
たとえば僕が iPhone 6s を SoftBank で使う場合と IIJmio で使う場合の月額利用料金、端末代金、2年間でのトータル料金比較