ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア) を試してみた話

やぁみんな!
今回は、ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア) を試してみた話をしようと思うぞ。

購入までの経緯についてはBepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 を試してみた話に譲るとして、ここでは実際にESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア)(以降「ESRネイキッド」)を iPhone XA に装着してみた感想を書いていこうと思う。
よかったら参考にしてみてくれ!

ESRネイキッド を iPhone XS に装着してみる

前回紹介したBepackと違って、こちらはパッケージもちゃんとしている。
ちなみに紙箱の中はブリスターでケースが固定されていたぞ。

ESRネイキッドの外箱表面。

ESRネイキッドの外箱裏面。

ケースは全体が透明。
iPhoneの周囲をぐるっと守るバンパー部分と、背面を守るパネル部分が一体化したタイプだ。
バンパー部分は硬めのゴム樹脂。背面は、iPhoneに接する内側がプラスチック樹脂、外側が硬質ガラスになっている。
全体的に、内側には細かいドット処理が施してある。これが、iPhone本体とケースが部分的に貼り付いてまだら模様になるのを防ぐみたいだ。
汚れや傷など、品質的に気になる点はないぞ。

ESRネイキッド未装着状態。

iPhoneの全周をガードするバンパー部分は程よい硬さで、装着しづらいことはない。
ググッと押し込んで、装着完了。
iPhone XS にピッタリとフィットして、いい感じだ。

白いシリコーンケースを使っていたときは、iPhoneを操作しているとき結構ケースの白が目に入ってくる感じだったんだけど、透明のケースはそれがなくて、より自然に画面に集中できる印象だ。

ケースのフチは、公称では0.5mm iPhone XS のガラス面より高くなっているとのこと。
僕はJGLASS製のガラス保護フィルムをつけているんだけど、ちょっとだけガラス面のほうが高くなってしまう感じだ。
テーブルなどに iPhone を置くときディスプレイ面を下にするタイプの人は要注意だね。

ESRネイキッドをiPhoneXSに装着したところ(前面)

透明感は良好。
より裸の状態に近い印象を保てるね。
部分的に貼り付いてまだら模様になってしまうこともない。
リンゴマークの部分を見てもらうとわかりやすいけど、小さなドットが見えるね。

ESRネイキッドをiPhoneXSに装着したところ(背面)

ケースを装着した背面。
リンゴマークや iPhone の刻印も阻害しない。
全体に施されている小さなドットが、気になる人は気になるかもしれないね。
僕はあまり気にならない。

リンゴマークもiPhoneの刻印もはっきりと見える。

カメラレンズ部分の穴の位置は iPhone XS に最適化されている。
穴のサイズはぴったり隙間なくというわけではなく、本体側の出っ張りより1mm程度余裕を持ったサイズになっている。
そのおかげで、iPhone X にも対応できるんだね。

カメラレンズ用の穴は本体側の出っ張りより若干余裕を持ったサイズになっている。

ケース背面は、ツルツルで触り心地のいいガラス製。
硬質ガラスだから簡単に傷がつくことはないだろうけど、テーブルに置いたりして頻繁に擦れたらやっぱり心配だよね。
そこで、ケース四隅にはほんの少し出っ張りが作ってあって、iPhone をテーブルなどに置いたときガラス面が設置しないようになっているぞ。
iPhone を手に持って操作しているときには気にならない程度の出っ張りだ。

背面の四隅にはほんの少しの出っ張りが作ってあって、背面ガラスの傷を防いでくれる。

音量ボタン部分とスリープボタン部分。
iPhone XS 本体のツヤ感が損なわれていないね。
各種ボタンの操作感も問題ない。
ミュートスイッチはちょっと操作しづらくなってしまうけど、それはどのケースでもあまり変わらないかな。

音量ボタン部分。

スリープボタン部分。

Lightningコネクタ端子、スピーカー部分。
スピーカー用の穴は iPhone X にも対応できるような設計になっているね。
Lightningコネクタ端子穴の細い部分は、純正のLightningコネクタを挿したとき、ギリギリ干渉しない位置だ。
あまり穴を広げてしまうと、この細い部分が細くなりすぎて強度に問題が出てしまうだろうからね。
ギリギリの位置でしっかり設計されたことがうかがえる。
サードパーティー製のLightningケーブルを使っていてコネクタ付近の形状が異なる場合は、要注意かもしれないね。

スピーカー、Lightningコネクタ部分。

表面向かって左下側面(音量ボタンがついている側面のスピーカー寄り)にはストラップ取り付け用の穴が空いている。
これはなくてもいい気がするけど。。。

ストラップホール。

感想

このケース、僕は気に入ったよ。
品質で気になるところは特にないし、価格も1,699円とお手頃。
iPhone XS へのフィット感もいいし、ガラス面のツルツル感もいい。
全体的な透明感もいいね。ただ、全体に施されたドット加工は、気になる人は気になるかもしれない。

1点これからの季節で気になるのは、手袋をして操作するとき、滑り止めにはならなそうっていうこと。
背面のガラスはもちろん、周囲のバンパーも硬質ゴムとはいえツルツルだから、ちょっと気をつけないとね。。。

あとは、ディスプレイにガラス製の保護フィルムをつけていて、普段ディスプレイ面を下にして iPhone をテーブルなどに置くタイプの人は、ガラス面が設置してしまうので要注意っていうくらいかな。

というわけで、ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア) を試してみた話、どうだったかな?
気になったおともだちは、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > レポート > ESR iPhone Xs / X ケース ガラス背面 TPUバンパー 5.8インチ ネイキッド(クリア) を試してみた話

この記事と類似または関連した記事

Bepack外側。
Bepack iPhone x ケース iPhone xs ケース 5.8インチ対応 柔らかいシリコン製 を試してみた話
iOS12.0.1アップデートリリース
iOS 12.0.1 アップデートリリース
iPhone 7 シリコーンケース(シーブルー)
手袋で手が滑る季節に備えて、iPhone 7 に Apple 純正シリコーンケース(シーブルー)を装着した。