iCloudストレージがわりとお手頃価格だと思ったので50GBプランを購入してみた。

やぁみんな!
今回は、iCloudストレージがわりとお手頃価格だと思ったので50GBプランを購入してみたぞ。

iCloudドライブ50GB:130円のプランがちょうどいい。

僕はiPhoneのバックアップを、基本的にはiTunesで取っているんだ。
無料のiCloudストレージは容量5GBで、とてもじゃないけど足りないし、有料で容量を増やすとしても、20GBじゃまだ足りないし、毎月400円で200GBを借りるほどでもないかなと思っていたからなんだね。
それに、以前はもっと高い価格だったしね。

でも、先日の価格改定で、僕的にはちょうどいい感じのプランが用意された。
50GB:130円のプランだ。

iCloudストレージの価格表

50GB 200GB 1TB
130円 400円 1,300円

iCloud ストレージの価格体系 – Apple サポート

もしものときも安心

iCloudバックアップをオンにしておけば、

  • 端末が電源に接続されていて
  • ロックされていて
  • Wi-Fi接続されている

という条件で毎日自動的にバックアップを取ってくれる。

バックアップしてくれる内容は以下のとおりだ。

  • 音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
  • デバイス設定
  • Appデータ
  • ホーム画面とAppの配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、およびMMSメッセージ
  • 着信音
  • Visual Voicemail
  • 動作状態データ
  • ホームキット構成

iCloud: iCloud ストレージとバックアップの概要

そう、全部のデータを完全にバックアップしてくれるわけじゃないんだ。
iTunesのバックアップ先選択欄にも

iPhone 内のもっとも重要なデータを iCloud にバックアップします。

と書いてある。

気になる「写真」については、iCloudバックアップの対象にはなっていない。

iOS デバイス (iOS 8.1 以降) で iCloud フォトライブラリを有効にしない場合、写真とビデオは iOS デバイスに保存されます。iCloud フォトライブラリを有効にすると、写真とビデオは iCloud に保存されているので、iCloud バックアップには含まれません。

とのことだ。

また、バックアップ対象となっている「Appデータ」も、アプリ自体がiCloudバックアップに対応していなければ、バックアップされないぞ。
iCloudバックアップに対応しているアプリは、iPhoneの「設定 > iCloud > 容量 > ストレージを管理 > バックアップ(の当該端末)」で確認できる。

iCloudバックアップは、あくまでも、不測の事態に備えた保険といった感じかな。

とはいえ、手元にMacがなくてiTunesに接続できないときでも大切なデータのバックアップを取れるのはやっぱり安心だ。
僕みたいに心配性なおともだちは、よかったら試してみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > レポート > iCloudストレージがわりとお手頃価格だと思ったので50GBプランを購入してみた。

この記事と類似または関連した記事

WWDC2011開幕!
Apple、WWDCでMacOS X Lion、iOS 5、iCloudを発表。
iOS10.2アップデートリリース!
iOS 10.2 アップデートリリース
iOS10.1アップデートリリース。
iOS 10.1 アップデートリリース