ジェットコースターのように疾走感溢れる音ゲーiPhoneアプリ:グルーヴコースター

やぁみんな!
今回は、ジェットコースターのように疾走感溢れる音ゲーiPhoneアプリ『グルーヴコースター』を紹介するぞ!

『グルーヴコースター』タイトル画面。この『グルーヴコースター』は、リズムに合わせて画面をタップしたりフリックして高得点を狙う音ゲー(リズムゲー)だ。
太鼓の達人』や『ポップンミュージック』『ビートマニア』などと同じジャンルだね。

スクリーンショット04スクリーンショット06スクリーンショット11

遊び方は簡単

他の音ゲーと同じで、リズムに合わせて画面をタップ&フリックするだけだ。
操作自体はとってもシンプルだね。
しかも、タップするのは画面のどこでもいい。
コースに合わせて、感覚的にタップしていこう!

上手にタップしていくと、「グルーヴゲージ」というゲージが貯まっていく。
ステージ終了時点で、このゲージが一定値を超えていると、ステージクリアだ。
ステージは全部で16(+1)ステージ。
スタッフロールまでプレイできるというサービスっぷりだぞ。

ジェットコースターのような疾走感が気持ちいい!

演出面でちょっと違うのは、タップするポイント(ターゲット)が流れてくるんじゃなくて、ジェットコースターのように、自分がコースに沿って疾走していき、次々と現れてくるターゲットでタップ&フリックを駆使してゲームを進めていくというところ。

これが気持ちいい疾走感を生み出している!
ステージによって、ジグザグだったり、連続ループだったり、たくさんの要素が組み合わされた個性的なコースを楽しむことができるぞ。

曲は、ポップスやロック、テクノにヒップホップなど、さまざまなジャンルが用意されていて、それぞれの曲に合わせたエフェクトが用意されている。
このエフェクトも、はじけるような気持ちよさを演出しているんだ。

さまざまな特徴の「アバター」

グルーヴコースター』では、レールを疾走していく自分自身である「アバター」というキャラクターが設定されている。
最初は単なる丸印なんだけど、ステージをクリアして経験値(!)を貯めていくことで、新しいアバターが手に入ったり、アバターがパワーアップしたりする。

このさまざまな「アバター」は、それぞれが特徴を持っている。
「タップのタイミング判定が甘くなる」「グルーヴゲージの上昇率が上がる」などなどだ。
自分に合ったアバターを選んで、楽しんでみよう。

さらに楽しくなる「アドリブ」

ターゲットのない場所でも、リズムに乗ってタップすると得点になることがある。
これを「アドリブ」っていうんだけど、これを織り混ぜるとさらに楽しくなるぞ。
アドリブポイントはいろいろなところに隠されている!
自分の感覚に従って、どんどんアドリブを入れていこう!

音を遊ぶ音ゲー『グルーヴコースター』、興味が湧いたかな?
みんな、良かったら試してみてくれよな!

グルーヴコースター – TAITO Corporation
価格 : 250円
販売 : TAITO Corporation
開発 : TAITO Corporation

グルーヴコースター公式WEBサイト
http://groovecoaster.com/

スクリーンショット01スクリーンショット05スクリーンショット07スクリーンショット10スクリーンショット12

スクリーンショット09スクリーンショット14スクリーンショット16スクリーンショット17スクリーンショット15

ステージセレクト3つの難易度さまざまな特徴のアバターアバターがパワーアップ新たなスキンを入手

この記事は

Interest Speaker > 紹介 > ジェットコースターのように疾走感溢れる音ゲーiPhoneアプリ:グルーヴコースター

この記事と類似または関連した記事

映画情報-Movieウォーカー – KADOKAWA MARKETING CO.,LTD.
映画好きならきっと楽しめるiPhoneアプリ 10選
タイミング良くタップしてエイリアンを斬りまくるiPhoneアプリ:Mr.Ninja
“いざ”というとき頼りになる、いろいろなマップを集めてみた
トイレ、コンビニ、ガソリンスタンドなど、“いざ”というとき頼りになる、いろいろなマップを集めてみた。