Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを試した

このページには広告が含まれています。
Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを試した

やぁみんな!
今回はApple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを試したので、そのレポートをお届けするぞ。

見たい項目をタップ!

iPhoneにはやっぱりApple純正が一番ピッタリくるはず

新しいiPhoneを買ったらやっぱりケースをつけて安全に使いたいよね。
そして、せっかくのキレイなiPhoneだから、その美しさを最大限活かせるケースを装着したい。
iPhoneの活かし方を一番よく知ってるのはAppleのはず、ということで、Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを購入したぞ。

良かった点と気になった点と興味深かった点

Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースの良かった点

  • シンプルで美しい外観
  • ツルツルで上質な手触り
  • 十分な堅牢性
  • ガッチリくっつくMagSafe

Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースの気になった点

  • 各ボタンの押し心地が固い
  • USB-Cポート、スピーカー周辺は無防備
  • 下部がほんの少しパカつく
  • 価格が高い

Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースの興味深かった点

  • 手のひら側が幅広になる独特な形状

良かった点について詳しく

シンプルで美しい外観

シンプルで美しい外観-01

シンプルで美しい外観-02

シンプルで美しい外観-03

シンプルで美しい外観-04

シンプルで美しい外観-05

シンプルで美しい外観-06

シンプルで美しい外観-07

外観の美しさは文句なしだ。

iPhoneに装着した状態で見える箇所にメーカー名やブランド名が刻印されているケースが多い中、このケースではそういったものが見当たらない。
また、余計な出っ張りや溝、切り込みや穴なども一切ない。
さらに、パーツの繋ぎ目や成形時のバリも一切ない。
一切の無駄を削ぎ落としたまさに洗練されたデザインが実践されているね。

それから、クリアケースでよくある張り付き防止のドット処理もなく、完全な透明だ。
見た目の美しさといった意味ではこのケース以上のケースはないかもしれない。

ツルツルで上質な手触り

背面は透明度の高いポリカーボネート、サイドはほんの少し柔軟性のある別の素材となっている。
手触りは全体的にツルツルでしっとりとした感触だ。
こういったクリアケースの場合、背面のポリカーボネートはツルツルだけど、サイドの素材は硬いゴムのような若干グリップの効く感触になっているもの。
でもこのApple純正クリアケースはそうじゃなく、全体がツルツルすべすべ。
とても上質感のある手触りとなっている。

逆に、全体がツルツルすべすべであるが故、手が乾燥してカサカサだと滑って持ちづらい。
冬場の外出時などにはちょっと気をつけないと、スルッと手から滑り落ちてしまいそうだ。
手袋をしているときも要注意だね。

十分な堅牢性

ケース自体の厚みはしっかりとあり、iPhoneを十分に守ってくれそうだ。
また、前面背面とも十分な張り出しでガラス面とレンズ面をガードしてくれている。
前面はガラス保護フィルムを貼った状態でもさらに0.5mmほどはケースのフチのほうが高くなっていて、背面カメラ周りはレンズ面よりほんの少し(触った感じ0.2mmほど?)高くなっている。
背面レンズが心配な人は別途レンズ保護フィルムを装着するほうがいいかもしれないね。

十分な張り出しでガラス面をガード

十分な張り出しでレンズ面をガード

ガッチリくっつくMagSafe

MagSafeは通電、磁力ともバッチリだ。
手元のApple純正MagSafe充電器+20W USB-C電源アダプタを使用した充電で最大15Wの充電ができることを確認した。
磁力も強力で、くっついたら結構力を入れて引っ張らないと外せないくらいだ。

ガッチリMagSafe-01

ガッチリMagSafe-02

気になった点について詳しく

各ボタンの押し心地が固い

このケースは各ボタンの押し心地がちょっと固いように感じたぞ。
指の腹で押すというよりは爪の先で押すという操作になる。

スリープボタン、音量ボタン、アクションボタンもすべてを覆うタイプのケースだから、若干押し心地が変わるのは仕方ないんだけど、ボタン周りの強度を高めたかったのか、軽快な操作感を犠牲にしている気がする。

ただ、ボタンは長期間にわたって何度も操作する箇所だから、強度を確保するのも大切なことだとは思う。
あと、固いほうが誤操作しづらいだろうしね。

USB-Cポート、スピーカー周辺は無防備

全体をぐるっと覆う形状ではなく、USB-Cポートとスピーカー周辺は完全に露出する形状となっている。
もしiPhoneを落としてしまった場合、落とし方と落下先の形状によってはこの部分を破損してしまう可能性は否定できないね。
この部分が剥き出しになっているおかげで下からのフリックはとてもしやすいけど、この利点と防御力とのトレードオフをどう捉えるかで評価は分かれそうだ。

USB-Cポート、スピーカー周辺は無防備-01

USB-Cポート、スピーカー周辺は無防備-02

下部がほんの少しパカつく

下部両角の奥行きにほんの少し遊びがあるようで、ちょっとした瞬間にほんの少し(0.1〜0.2mm程度?)、「クイッ」と動く感触がある。
時折気になるタイミングがあるというだけで、普段普通に使っていて気になるようなものではないかもしれない。

ほんの少し遊びがある

価格が高い

Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースは消費税込で7,980円だ。
これはまぁApple製品だし仕方ないかなとも思うけど、やっぱり高いよね。
ただ、品質も確かに高い。

興味深かった点について詳しく

手のひら側が幅広になる独特な形状

独特な形状-01

独特な形状-02

ディスプレイ側がスリムに、背面側がワイドになる独特な形状をしている。
最初は「逆じゃないの?」と思ったんだけど、使っているうちにだんだん「これでいいのかも?」とも思い始めた。

グッと握り込んだときには確かにしっくりくるし、ディスプレイ面を下にしてテーブルなどに置いてある状態から持ち上げる際には確かに持ちやすい。

ただ、iPhoneを操作しているときに操作しやすいかといえば、片手操作に限っていえば特別操作しやすいわけじゃない。
かといって操作しづらいかといえばそんなことはない。
片手でしっかり握ってもう片方の手で操作するような場合には、握り心地はいい気もするぞ。

値段は高いけどさすがのAppleクオリティー

Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを試しての最終的な感想は「値段は高いけどさすがのAppleクオリティー」だ。
この見た目の美しさや触ったときの感触は他のサードパーティー製ケースでは体験できないぞ。

特に手に持ったときの心地よさは特筆もの。
ザラつきやエッジなどの不快感が一切ない。
どこを触っても手のひらや指の皮膚表面に刺激がまったくない心地よさは感動ものだ。

ただ、USB-Cポート&スピーカー部分がノーガードなのだけちょっと心配ではある。
この部分もガッチリ守られていたら最高なんだけどなぁ、と個人的には思ったぞ。

というわけで今回は、Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを購入して使ってみたレポートをお届けしたぞ。
どうだったかな?
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

Apple(アップル)
¥6,026 (2024/05/30 10:11:45時点 Amazon調べ-詳細)
Apple純正 MagSafe対応 iPhone 15 Pro クリアケースを試した

役立つ情報の更新をいち早くキャッチ!

記事はお役に立ちましたか?
  • URLをコピーしました!
見たい項目をタップ!