Macのキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれない。

やぁみんな!
今回は、Mac(10.11.x El Capitan)のキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれないという話を書くぞ。

たとえば、二重引用符の開始「“」を、みんなはどう入力しているかな?

Yosemiteまでだったら、「”(shift+2)」を打って変換すれば入力できていた。
El Capitan では、それでは入力できなくて、「option + shift + 2」で入力できるんだ。

あるいは、「…(三点リーダ)」を、みんなはどう入力しているかな?
「てん」と打って変換でも入力できるんだけど、他の変換候補が多すぎて結構時間がかかる。
そんな時は「option + ;」で入力することができるぞ。

そんな感じで、「shift」「option」「shift+option」を押しながらキーを打つとどんな文字が入力されるのか、一覧を作った。

全角でshiftキーを押しながら入力

全角入力でshiftを押しながら入力

全角でoptionキーを押しながら入力

全角入力でoptionを押しながら入力

全角でshiftキーとoptionキーを押しながら入力

全角入力でshiftとoptionを押しながら入力

半角でshiftキーを押しながら入力

半角入力でshiftを押しながら入力

半角でoptionキーを押しながら入力

半角入力でoptionを押しながら入力

半角でshiftキーとoptionキーを押しながら入力

半角入力でshiftとoptionを押しながら入力

みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > How to / Tips > Macのキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれない。

この記事と類似または関連した記事

Apple Magic Mouse 2
OS X (Yosemite) 10.10.5 で Apple Magic Mouse 2 が使えるか試してみた。
Macのdeleteキー活用方法
Macキーボードの「delete」キーを効率良く使ってカーソルの後ろにある文字を消す方法
Apple基調講演WWDC15。
WWDC15 開催。OS X El Capitan, iOS 9, watchOS 2 そして Apple Music 発表。