Macのキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれない。

やぁみんな!
今回は、Mac(10.11.x El Capitan)のキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれないという話を書くぞ。

「打ちたい文字や記号があるのに打ち方がわからない」というMacユーザーのみんなは、ぜひ読んでみてくれ!

まず初めに、この記事は日本語JISキーボードを想定して書いている。
USキーボードやUKキーボードなど、日本語JIS以外のキーボードでは多少異なってくるから注意してくれ。

さて、たとえば、二重引用符の開始「“」を、みんなはどう入力しているかな?

Yosemiteまでだったら、「”(shift+2)」を打って変換すれば入力できていた。
El Capitan では、それでは入力できなくて、「option + shift + 2」で入力できるんだ。

あるいは、「…(三点リーダ)」を、みんなはどう入力しているかな?
「てん」と打って変換でも入力できるんだけど、他の変換候補が多すぎて結構時間がかかる。
そんな時は「option + ;」で入力することができるぞ。

そんな感じで、「shift」「option」「shift+option」を押しながらキーを打つとどんな文字が入力されるのか、一覧を作った。

ただし、「×」や「÷」といった数学記号など、shift や option と組み合わせても入力できない文字・記号もある。
そういうときは「かける」「わる」などと打って変換するか、「文字ビューア」を使って入力しよう。
「きごう」と打って変換しても入力できるけど、候補が多くて時間がかかるね。
「文字ビューア」については最後に紹介するぞ。

全角でshiftキーを押しながら入力

全角入力でshiftを押しながら入力

全角でoptionキーを押しながら入力

全角入力でoptionを押しながら入力

全角でshiftキーとoptionキーを押しながら入力

全角入力でshiftとoptionを押しながら入力

半角でshiftキーを押しながら入力

半角入力でshiftを押しながら入力

半角でoptionキーを押しながら入力

半角入力でoptionを押しながら入力

半角でshiftキーとoptionキーを押しながら入力

半角入力でshiftとoptionを押しながら入力

文字ビューアで入力

メニューバーの右のほうにある文字のアイコンをクリックすると、開いたメニューの中に「絵文字と記号を表示」という項目がある。
これをクリックしよう。

文字ビューアを使う

すると、絵文字といろいろな記号のパレットが表示される。
この中から、入力したい記号を選んでダブルクリックすれば、その記号を入力することができるぞ。

文字ビューア

「shift」「option」との組み合わせ、文字ビューアの活用で効率的な文字入力

さて、キーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれない話、どうだったかな?

「shift」「option」との組み合わせで対応しきれないときは、文字ビューアも活用して、どんどんタイピングしていこう!

みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Home » Mac Tips » Macのキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれない。

この記事と類似または関連した記事