Macキーボードの「delete」キーを効率良く使ってカーソルの後ろにある文字を消す方法

やぁみんな!
今回は、Macキーボードの「delete」キーを効率良く使う方法をご紹介するぞ。
この方法を使って、カーソルの後ろにある文字を消したり、文節単位でまとめて消したりできる。

Macのキーボードで「delete」キーというと、カーソルの手前(左側)にある文字を1文字削除するキーだよね。
これはWindowsでは「BackSpace」にあたる削除方式だ。
でもこの「delete」キー、他のキーと組み合わせると、他の削除方法をすることができるんだ。

カーソルの後ろ(右側)にある文字を1文字削除

fn+delete

fn + delete でカーソルの後ろ(右側)にある文字を1文字削除することができるぞ。

これをしたいおともだちは結構多いんじゃないかな?
Windowsの「Delete」キーはこの動きだよね。

カーソルの手前(左側)にある文字をまとめて削除

option+delete

option + delete でカーソルの手前(左側)にある文字をまとめて削除することができるぞ。
削除のルールは以下のとおりだ。

  • スペース(全角/半角)や「,」「.」「+」「-」「/」「*」などの半角記号ごとに削除
  • 全角文字でスペースや半角記号がない場合は行頭まで削除(「、」「。」などの記号では区切ってくれない)

カーソルの後ろ(右側)にある文字をまとめて削除

fn+option+delete

fn + option + delete でカーソルの後ろ(右側)にある文字を全部削除することができるぞ。
削除のルールは以下のとおりだ。

  • スペース(全角/半角)や「,」「.」「+」「-」「/」「*」などの半角記号ごとに削除
  • 全角文字でスペースや半角記号がない場合は行末まで削除(「、」「。」などの記号では区切ってくれない)

どうかな?
みんな、良かったら参考にしてくれよな!

この記事は

> > > Macキーボードの「delete」キーを効率良く使ってカーソルの後ろにある文字を消す方法

この記事と類似または関連した記事

Macのキーボードで入力したい文字が見当たらないときはshiftやoptionを押しながら入力するといいかもしれない
Macのキーボードで打ちたい文字が見当たらないときは「shift」「option」「shift+option」を押しながら打つといいかもしれない。
javaロゴ
mac OS上で始めるjavaプログラミング
WindowsでもMacBook Proと同じような感覚でタイピングしたいので『サンワサプライ USBスリムキーボード ホワイト SKB-SL18W』を試してみた。
WindowsでもMacBook Proと同じような感覚でタイピングしたいので『サンワサプライ USBスリムキーボード ホワイト SKB-SL18W』を試してみた。