MacBook Pro (15-inch, 2018) でバックライトキーボード – 英語(英国)を選択した話

やぁみんな!
今回は、MacBook Pro (15-inch, 2018) でバックライトキーボード – 英語(英国)を選択した話をしようと思うぞ。

キーボードをJIS配列からUK配列へ

僕は先日、新しい MacBook Pro を購入したわけなんだけど、その際、キーボードを「英語(英国)」にしてみたんだ。
理由はただひとつ、「見た目をスッキリさせたかったから」。

僕は日本語をタイプするときもローマ字入力するし(そういうおともだちは多いんじゃないかな?)、キーボードに施してあるひらがなの印字は完全に無意味なんだよね。
前々から、USかUKキーボードにしたいと考えてはいたんだ。
キーの配列に不満があったわけじゃない。

バックライトキーボード – 英語(英国)=UKキーボードを使ってみて感じたこと

UKキーボードを1週間ほど使ってみて、個人的にはこんなことを感じたぞ。
使っていくうちに慣れると思われるものや、用途によっては逆の印象を受けそうなものもあるけど、ひとまず現時点で感じたことだ。

ちなみに僕の用途は、『Sketch』『Adobe Illustrator』『Adobe Photoshop』といったソフトを使ったデザインの仕事や、HTMLやCSSを使ったコーディングの仕事が多い。JavascriptやPHPもほんの少し使うことがある。WordPressのタグも結構使うぞ。

「’」がshift押さなくても打てるのは良い(配置は変わったけど)

個人的には「’」より「”」のほうが利用頻度が高いので、逆ならもっとよかった!と思うけど。。。
そして「’」も「”」もshiftなしでタイプできれば最高だけど、贅沢は言わないことにするよ。

「:」がshift押しながらじゃないと打てないのはちょっと不便

UKキーボードでは、「;」と「:」が同じキーに配置されていて、普通に打つと「;」、shiftを押しながら打つと「:」となっている。
JIS配列なら、どちらもshiftなしで打てたんだけど。。。
まぁ、慣れればどうってことないかなぁ。。。

UKキーボードやUSキーボードでは、「;」と「:」、「’」と「”」がそれぞれ同じキーに配置されていて、shiftキーの有無で打ち分けるようになっている。
キレイにまとまっているよね。むしろ慣れてしまえばこのほうがいいのかもしれないね。

カッコの始めと終わりが横に並んでて自然

「と」、『と』、[と]、{と}が横に並んでいる。
左から右にタイピングしていけば、当然これらはこの配置になるので、これはとても自然と言える。

ただ、これらが縦に並んでいたJISキーボードから移行すると、慣れずにタイプミスをすることもある。
『「』と『」』を打とうとして『」』と『¥』になってしまうんだ。

でもこれはだんだん慣れてきて、タイプミスも減ってきたぞ。
もう少し使っていれば完全に慣れるんじゃないかな。

キーの配置はやっぱり慣れるまでは戸惑いそう

前述のカッコもそうだけど、記号類や装飾キーの配置が変わったので、ここはやっぱり慣れるまでは戸惑いそうだ。

特に感じたのは、「@」「*」「~」「control」「fn」。
その中でも「control」と「fn」は、よく使うキーなのでちょっと困る。

「control」はショートカットで他のキーと組み合わせて使うことが多いけど、例えば、“「command」「option」を左手親指を寝かせて抑えて、「control」を薬指で、「A」を中指で押す”なんていうことができなくなった。
“右手人差し指で「command」、中指で「option」、左手親指で「control」を押しながら中指で「A」を押す”みたいな感じかな。

「fn」は、「delete」と組み合わせて、カーソルの後ろにある文字を削除するときによく使う。
今までは右手だけで、“親指で「fn」を押しながら中指で「delete」を押す”でよかったんだけど、これからは“左手小指で「fn」を押しながら右手の指で「delete」を押す”にしないといけなくなった。

とはいえ、JIS配列のときも、どのみち両手を使わなければいけないショートカットはあったわけだから、これは完全に慣れの問題かなと思っているよ。

「かな」「英数」キーがない

半角/全角の切り替えを頻繁におこなう僕らにとって、たぶんこれが最大の違和感じゃないかな。
これはもはや配置どうこうという話ではなく、キーそのものが存在しない。
かなへの切り替えは「control」+「shift」+「j」、英数への切り替えは「control」+「shift」+「’」でおこなう。
本来UKキーボードやUSキーボードを使う英語圏では、この切り替え自体が必要ないのだから、そんな切り替えキーは用意されていなくて当然だよね。

これも、慣れればどうにかなるのかもしれないけど。。。
さすがにちょっと不便な気がしたので、アプリを使って対応することにした。
『Karabiner Elements』というアプリを使って、左のcommandキーを「英数」キーとして、右のcommandキーを「かな」キーとして擬似的に存在させることにしたぞ。
commandキーは他のキーと組み合わせて使うキーのため、単体で押した時にこれらのキーを割り当てていても問題ないというわけ。
これ作った人、頭いいよね!

『Karabiner Elements』は、キーボードの挙動をカスタマイズできるアプリなんだ。
気になるおともだちは試してみてくれ。

まとめ

今の所、キーボードをJISからUKにしたことで大きなデメリットは感じていない。
全角/半角の切り替えは最大のデメリットだったけど、アプリで解決したからね。

逆に、大きなメリットはやっぱり見た目がスッキリ!したことかな。
記号や装飾キーの配置も、使っていくうちにメリットと感じていくかもしれないね。

そんなわけで、MacBook Pro (15-inch, 2018) でバックライトキーボード – 英語(英国)を選択した話、どうだったかな?
UKまたはUSキーボードを検討しているおともだちは、よかったら参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > レポート > MacBook Pro (15-inch, 2018) でバックライトキーボード – 英語(英国)を選択した話

この記事と類似または関連した記事

Sketchのショートカットに「Create Symbol」を追加。
Sketch で「Create Symbol」のショートカットを追加した話
メモリがピョコッと起き上がる。
MacBook Pro (15-inch, Early 2011) のメモリを16GBに増設した話
Illustratorのアートボード定規
Adobe Illustrator の「ウィンドウ定規」と「アートボード定規」