MacBook Pro 2018 が「バッテリーは充電できません」と言い出した話

やぁみんな!
今回は、MacBook Pro 2018 が「バッテリーは充電できません」と言い出した話をしようと思うぞ。

電源アダプターを接続しているのにバッテリー残量が減っていく

僕は普段 MacBook Pro を使うとき、使っている間は電源アダプターを接続して、使っていないときに電源アダプターを外すことにしているんだ。
使っている間はバッテリー残量を気にしたくないし、使っていないときくらいはバッテリーを休ませたいからね。

ところが先日、電源アダプターを接続して仕事をしている最中にふと画面右上の時間を確認したとき、バッテリー残量が減っているのに気づいた。
いつもなら100%になっているところだ。

不思議に思ってバッテリー残量をクリックしてみると、「バッテリーは充電できません」の表示。

充電が減っていき「充電できません」に

「バッテリーは充電できません」は以前に使っていた MacBook Pro でもなったことがあるよ。
その時は確か再起動したら治ってたはず。
今回もそんなものだろうと高を括っていたんだけど。。。

再起動しても治らない

再起動してみたんだけど、今回はどうやらそんなことでは治らないみたいだ。

とくればお次はPRAMリセット。Macユーザーにはおなじみだよね。
電源を入れた瞬間から、1回目のリンゴマークが表示されて消えるまで、Option+Cmmand+P+Rキーを押しっぱなしにする。
さぁどうだ。

PRAMリセットも効果なし

治らない。。。
PRAMリセットも効果なしとは。。。重症だねこれは。。。

なら次はSMCリセットだ。
んー、こうなってくるとちょっともうハードウェア的な問題の予感がしてるんだけど、試そう。
MacBook Pro 2018 のSMCリセットは、↓の手順だ。
①システム終了する
②電源ボタン(Touch ID のボタンをグッと押し込む)を10秒ほど押しっぱなしにする
 →一度電源が入ってリンゴマークが表示されるけど、すぐに消えるぞ。
③数秒待って電源を入れる

SMCリセットも効果なし

治らない。。。SMCリセットしても治らないんだ。。。

再起動しても、PRAMリセットしても、SMCリセットしても「バッテリーは充電できません」のまま。
これはいよいよ重症だ。。。

うーん、何か物理的な不具合かなぁ。。。こないだのバッテリー交換が何か影響してるのかな。。。
それとも、こないだ Catalina インストールしたのが何か影響してるのかな。。。

Apple 診断(Apple Diagnostics)を試す

Dキーを押したまま起動することでハードウェアの問題を診断してくれる「Apple 診断(Apple Diagnostics)」というのがあるので試してみた。

システム終了して、USBポートから全部のデバイスを取り外す。
 ↓
Dキーを押したまま電源をオン。
 ↓
しばらくしてリンゴマークが表示され、また消えた。
 ↓
その後しばらくは黒い画面にマウスカーソルだけが表示された状態。
 ↓
やがて言語を選択する画面に切り替わった。日本語を選択。
 ↓
「Macを検査中… あと○○分」の表示。
 ↓
数分で結果が表示された。
「問題は検出されませんでした。 参照コード:ADP000」

うーん。。。

Macの問題を診断する – Apple サポート

給電ケーブルを挿すポートを変えてみる

僕は普段、MacBook Pro の左右2口ずつあるUSB-Cポートのうち、左側の2つに外部ディスプレイを接続している。
そして、右側奥のポートにL字型のアタッチメントを挿してUSBハブを接続、それに給電ケーブルを挿して給電しているんだ。

このハブを外して直接挿したり、挿すポートを変更したりしてみた。
でも効果なし。
直接挿そうがどのポートに挿そうが、「バッテリーは充電できません」のままだ(これはあとで間違いだったことに気づいた。直接挿せば正常に充電できていた)。

Apple のサポートページによれば

「お使いのコンピュータが接続されている電源は実行するには十分ですが、バッテリーを充電するには不十分です。」
Macのバッテリーの状況が「充電できません」の場合 – Apple サポート

いやいや、そんなはずないよ。
純正電源アダプタを純正USB-Cケーブルで繋いで、家庭用コンセントから給電してるんだから。。。

「電源を調べる」「ケーブル配線を調べる」
うーん、一応抜き差ししてみたけど、

  • 自宅のコンセント+自宅用電源アダプター+自宅用給電ケーブル
  • 会社のコンセント+会社用電源アダプター+会社用給電ケーブル

両方で同じ症状が出てるからな。。。
この両方に偶然同じ不具合が発生しているとも考えづらいな。。。

「アップデートがないか確認する」
ないなぁ。

「アダプタが熱を帯びる場合」
まぁ温まってはいるけど、これは普段通りだな。

「火花が散った場合」
散ってない。

USB-C 電源アダプタで Mac ノートブックが充電されない場合 – Apple サポート

そうこうしているうちに充電し始めた

あーでもないこーでもないと調べ回っているうちに、ふと気づけばバッテリーの充電が始まっている!
どういうことだ。。。

やがて充電割合は100%になり、ステータスは「バッテリーは充電済み」に。
その後1日使い続けても、その状態を維持していた。
うーん、試した中のどれかが効果あったってことかな。。。?
治ったのかな。。。?

再発

と、思いきや、翌日の朝、仕事を初めてしばらくすると、またもや電源アダプターを接続しているのに充電割合が減っている。
充電割合はどんどん減っていき、ステータスは「バッテリーは充電できません」に。。。
なんだこりゃ。。。

試しに給電ケーブルを抜いて、バッテリーで使用して充電割合を減らし、充電割合10%になったところで給電ケーブルを再度繋いでみた。
変化なし。
ステータスは「バッテリーは充電できません」だ。

そのあと、ちょっと充電しては「バッテリーは充電できません」になり、を断続的に繰り返し、充電割合50%付近をウロウロ。
うーん。。。

電力量が足りてない。。。?

そういえば、システムレポートに「電源」の欄があったことを思い出した。
何か手がかりが得られるかもしれないと思い、確認してみる。
すると。。。

↓「充電中」が「いいえ」になっている。うんうん。「状態情報」は「正常」、「バッテリー装着」は「はい」だ。問題はなさそうだな。。。
ハブあり_充電中:いいえ

↓「AC充電器の情報」。「接続済み」は「はい」だ。うんうん。「ワット数(W):52」「充電中:いいえ」。
ハブあり_52W

ん? 「ワット数(W):52」? そんなはずはない。使っているのは Apple 純正の「Apple 87W USB-C電源アダプタ」だ。
おかしい。。。

USBハブを経由して接続していた給電ケーブルを、MacBook Pro の USB-C / Thunderbolt 3 ポートに直接差してみると。。。

↓「充電中」が「はい」になっている。
ハブなし_充電中:はい

↓「AC充電器の情報」は何やら情報量が増えている。「ワット数(W)」も「86」に。
ハブなし_86W

なるほど。
USBハブを経由することで、

  • USBハブに電力量をちょっと奪われる
  • 大元の電源アダプタではなく、経由しているUSBハブが「充電器」という認識になる

っていうことか。。。

でも待てよ?
USBハブを外したり、接続するポートを変更してみたり、というのはもう試して、それでも充電されていなかったと思うんだけどな。。。
たまたまステータス表示の更新にタイムラグがあっただけかな?

ともあれ、MacBook Pro の USB ポートに直接給電ケーブルを接続すれば正常に充電できることがわかった。

アプリケーションの使用状況によっても変化が

確かに、Safari とメールだけしか起動していないような状態では充電できていて、IllustratorやPhotoshop、Excelやpdfなど、複数のアプリケーションを同時にしようするようなヘビーな状況で「バッテリーは充電できません」になっている気がする。

稼働状況によって電力供給が間に合わなくなっていると考えれば辻褄が合うね。。。

なぜ急に充電できなくなった?

今までは充電できていたのに、なぜ急に充電できなくなってしまったんだろう?
僕は、おそらくだけど macOS Catalina が原因じゃないかと思っている。
「タイミング的に辻褄が合う」っていう理由だけで、他に根拠はないんだけど。。。

あとは、MacBook Pro のハードウェア的な不具合っていう可能性も否定はしきれない。
家と会社の往復など、頻繁に持ち運んでいるし、内部のどこかに物理的な損傷がある可能性はゼロじゃないよね。
実際、以前使っていた(今もサブマシンとして持っている)MacBook Pro 2015 は、物理的な不具合でキーボードやトラックパッドが反応しなくなったことがある。
MacBook Pro 2018は、ちょっと前にバッテリーが膨張して交換してもらったばかりだから、それが何か影響しているのかな? と最初は思ったけど。。。
ちょっとわからない。

USBハブ個体が原因というのは考えづらい。
いくつかのタイプのハブを試してみたところ、全部で同じ症状を確認できたからだ。

電源アダプターや給電ケーブルが原因というのも考えづらい。
少なくとも2セットの Apple 純正電源アダプタ+ケーブルを試して、同じ症状を確認している。

結論

ひとまず、

  • 使用中に充電できないときがあるだけで、充電自体はできる。
  • 給電もできて、使用は問題なくできる。
  • 給電ケーブルを MacBook Pro のポートに直接挿せば、使用中も正常に充電できる。

という点から、しばらくは臨機応変に対応しながら使っていくことにした。
もし、何らかの情報がリリースされたり、アップデートが公開されたりしたら、都度対応しようと思うぞ。

さて、MacBook Pro 2018 が「バッテリーは充電できません」と言い出した話、どうだったかな?
同じような状況になってしまったおともだちがいたら、参考にしてみてくれよな!

この記事は

Interest Speaker > How to / Tips > MacBook Pro 2018 が「バッテリーは充電できません」と言い出した話

この記事と類似または関連した記事

WWDC2012開催
WWDC2012開催! Retina MacBook Pro、OS X Mountain Lion、iOS 6など発表!
ディスプレイの中に虫
ディスプレイの内側に虫の亡骸が残るMacBook Pro (15-inch, 2018) を Genius Bar に持ち込んでみた話。
バッテリー交換レシート
MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) のバッテリーが膨張してトラックパッドが浮き上がってきたので修理に出してきた話