MacBook Pro (2015) がまたキシキシ鳴りだしたので裏蓋を開けてネジを締め直してみた

やぁみんな!
今回は、MacBook Pro (2015) がまたキシキシ鳴りだしたので裏蓋を開けてネジを締め直してみたのでそのレポートをお送りするぞ。

MacBook Pro のきしみ問題については、以前「MacBook Pro (2015) がキシキシ鳴るのでジーニアスバーに持ち込んでみた。」という記事を書いた。
実はあのあと帰宅してから静かな場所で確認したところ、きしみ音は完全には無くなっていなかった。
でも修理前よりは音が少なく・小さくなっていたので、とりあえずオッケーということにしていたんだ。

でも、日数を経るにつれ、きしみ音はだんだんと多く・大きくなってきた。
たぶんこれは仕方のないことで、筐体が度重なる持ち運びでねじれたり、素材のアルミが気温の変化などによって伸縮することが原因で起こってるんじゃないかと推測する。

そこで、きしみが気になるたびわざわざAppleさんに数日預けるのもアレなので、自分でちょちょっと解決したいと思ったんだ。

と、いうわけで、おそらくきしみが発生している患部であろう裏蓋を開けて、ネジを締め直してみることにしたぞ。

MacBookの裏蓋を開けるには特殊な星型ドライバーが必要

MacBookの裏蓋を留めているネジを見てみると、ネジ山が特殊な星型であることがわかる。
一般的な+やードライバーではこのネジを回すことができないぞ。
早速Amazonで検索だ。

「MacBook 星型」でAmazon検索。
「MacBook 星型」で楽天検索。

いろいろな価格であるんだなぁ。。。
とはいえ、そんな高いのじゃなくていいし、いやでも、安物でしっかりネジ山に食い込まないとかでも困るしなぁ。。。
と、ひとしきり迷った末、とりあえずMacbook Air用 星型ドライバー 1.2mmを購入。
「Macbook Air用」って書いてあるけど、MacBook Pro でも大丈夫っぽい。
安いし、レビューも悪くない。
ポチった。

いざ、MacBookの裏蓋オープン!

星型ドライバーでMacBookの裏蓋オープン!

MacBookの裏蓋は、同じφの10個のネジで留められている。
「ネジ山ナメないかなぁ。。。」と緊張しつつ慎重にドライバーを差し、ゆっくりと回す。

くるくる。。。

バッチリだ。
しっかりネジ山に食い込んでしっかり回るぞ。
これはいい。
次々とネジを外していく。

ちなみに、外したネジは裏蓋を留めている並び順で並べておくぞ。
もし、ネジの長さが違った場合、間違ったネジを締めてしまってはトラブルになりかねないからね。

MacBookの裏蓋を留めていたネジ。

案の定、10本のうち2本だけ、MacBookのヒンジ近くを留めているネジだけが短かった。
あとは全部同じ長さだね。

いざ、裏蓋を外すぞ。。。と、中央付近でくっついていて外れない感じ。
ん? これは。。。?
と思いつつも、ちょっと力を入れてグイッと剥がしてみる。
パチンッという感触があって裏蓋が外れた。
どうやら中央付近で2か所、パッチン留めされていたようだ。
閉じるときは逆にパッチンとはめ込むんだろう。

ともあれ、裏蓋オープン完了。

きしみは推測どおり裏蓋と本体側の間で発生か

さて、裏蓋の外れたMacBookの本体側を、軽く押したりねじったりしてみる。
きしみ音は聞こえてこない。
やはり本体側には問題はなく、きしみは裏蓋と本体側の間で発生しているようだ。

ならばあとはしっかりと裏蓋を閉じてネジを締め直すだけだけど、、、
ついでだからエアーを吹いてちょっとだけ付いている埃を飛ばしてしまおう。

シュー! シュー!

MacBookの中身

バッチリだ。
きれいになったぞ。

裏蓋を閉じてネジをしっかり締め直す

では、本体に裏蓋を当てがい、ピタッとはめて、中央付近をグイグイッと押してみる。
パチンッパチンッと音がして、パッチン留めがはまった。
試しに軽く剥がそうとしてみると、さっき外した時と同じように、中央付近でくっついて外れない。
よし。オッケーだ。
ネジを締め直そう。

きしみの気になるパームレスト側の内側から留めていく

きしみの気になるパームレスト側、そして少しでも“たわみ”が発生しないよう、内側から留めていくぞ。
ちょうどトラックパッドの裏側だね。

そしてパームレスト側の外側2本を締める。

次に中央の2本を締めて、ディスプレイ側の内側2本、外側2本を留めて完了だ。

きしみかなり軽減

結果、きしみ音はやはり完全には解消できないものの、かなり軽減することができた。
ときどき、小さくキシッと鳴ることはあるけど、まぁまぁ、これくらいなら気にしないでおこう、と思えるレベル。
うん、やってよかった。
もっと早くやっておけばよかったよ。

という感じで、今回は、MacBook Pro (2015) がまたキシキシ鳴りだしたので裏蓋を開けてネジを締め直してみたレポートをお届けしたぞ。
MacBookのきしみで困っているおともだちは、自己責任で試してみてくれよな!

この記事は

> > > MacBook Pro (2015) がまたキシキシ鳴りだしたので裏蓋を開けてネジを締め直してみた

この記事と類似または関連した記事

WindowsでもMacBook Proと同じような感覚でタイピングしたいので『サンワサプライ USBスリムキーボード ホワイト SKB-SL18W』を試してみた。
WindowsでもMacBook Proと同じような感覚でタイピングしたいので『サンワサプライ USBスリムキーボード ホワイト SKB-SL18W』を試してみた。
MacBook Pro (2015) がキシキシ鳴るのでジーニアスバーに持ち込んでみた。
MacBookPro2011のバッテリーを交換した話
MacBook Pro (15-inch, Early 2011) のバッテリーを交換した話