AirPods と AirPods Pro 買うならどっちがいい? 選び方を伝授!

このページには広告が含まれています。
AirPods と AirPods Pro どちらを購入するか迷っている人に選び方を伝授!

やぁみんな!
今回はAirPods と AirPods Pro 買うならどっちがいい?と題して、選び方のポイントについて書いてみようと思うぞ。

この記事を読むと
  • AirPods と AirPods Pro の違いがわかる
  • AirPods がオススメな人の特徴がわかる
  • AirPods Pro がオススメな人の特徴がわかる
見たい項目をタップ!

AirPods と AirPods Pro の違い

ではまず AirPods と AirPods Pro の違いを知っておこう。

AirPods と AirPods Pro 比較表

AirPods(第2世代)
AirPods(第2世代)
AirPods(第3世代)
AirPods(第3世代)
AirPods Pro
AirPods Pro
価格19,800円27,800円39,800円
形状インナーイヤー型インナーイヤー型カナル型
適応型オーディオ
アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
パーソナライズされた空間オーディオと、ダイナミックヘッドトラッキング
会話感知
操作方法ダブルタップ感圧センサータッチコントロール
耐汗・耐水・防塵耐汗・耐水
(IPX4)
耐汗・耐水・防塵
(IP54)
連続再生時間5時間6時間6時間
最大再生時間
充電ケース使用
24時間30時間30時間
ケースの充電方式LightningLightning
または
Lightning + MagSafe
USB-C + MagSafe
チップH1チップH1チップH2チップ

そのほかより細かい点についての比較はApple公式サイトで見ることができるからそちらを参照してみてくれ。

わかりやすく違うのは「価格」「形状」「ノイズキャンセリング」

AirPods と AirPods Pro の違いでわかりやすいのは「価格」「形状」「ノイズキャンセリング」の3点だ。
購入の検討をする際も概ねこの3点が決め手になってくるぞ。

特にノイズキャンセリングは電車やバスの移動時に必須の機能。
この機能が必要かどうかでほぼすべてが決まってくるといってもいいくらいだ。

価格

AirPods と AirPods Pro の違い:価格
AirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
価格19,800円27,800円39,800円
※価格はすべて消費税込

AirPods(第2世代) と AirPods(第3世代) は価格にして8,000円違ってくる。
また、AirPods(第3世代) と AirPods Pro は価格にして12,000円違ってくる。
AirPods(第2世代) < AirPods(第3世代) < AirPods Pro という感じで、だいたい1万円ずつ高くなっていく感じだね。

AirPods(第2世代) の19,800円もイヤホンとしては結構お高めなほうだけど、AirPods Pro の39,800円というのはもうおいそれとは手を出せない価格だ。

形状

AirPods と AirPods Pro の違い:形状

AirPods(第2・第3世代) がインナーイヤー型なのに対し、AirPods Pro はカナル型となっている。
耳に軽くひっかけるように装着するか、ぎゅっと押し込んで装着するか、装着感はかなり違ってくるよね。
カナル型はシリコン製のイヤーチップで耳の穴を密閉する形になるから、ちょっと圧迫感を感じる人もいると思う。

インナーイヤー型の AirPods(第2・第3世代) は、軽くスルッと耳に装着する感じで、まったく圧迫感もなく自然なつけ心地だから、本当に着けているのを忘れてしまうくらい。

カナル型のAirPods Pro は、ぎゅっと耳の穴に押し込んで装着する感じで、やっぱりちょっと圧迫感はある。
けど、ピタッとフィットしている感覚があって、これが心地よくも感じる。

AirPods / AirPods Pro どちらも自然に外れたことはない

僕は AirPods(第1・第3世代) と AirPods Pro を何年も使っているけど、装着していて自然に外れてしまったことは一度もない。
わざと走ったりジャンプしたり頭をブンブン振ってみたりしても、ポロッと外れてしまうなんていうことは少なくとも僕の経験上は一度もないぞ。

ちゃんと人間の耳の形に合わせた形状にデザインされていることと、外側に向かって遠心力が働きづらい形状にデザインされていることが大きいんじゃないかな。

ノイズキャンセリング

AirPods と AirPods Pro の違い:ノイズキャンセリング

音楽を聴く際に外界の騒音や環境音を打ち消して快適に音楽を聴くことができるようにしてくれるノイズキャンセリング機能。
この機能を搭載しているのはカナル型の AirPods Pro だけだ。

電車やバスに乗りながら使うなら必須

通勤通学で電車やバスに乗りながら音楽を聴きたいならこの機能は必須だぞ。
特に地下鉄ともなると騒音が大きすぎて、ノイズキャンセリングなしで音楽なんて聴いていられない。

ノイズキャンセリングの効果は絶大で、電車やバスに乗っていても騒音をまったく気にすることなく音楽を楽しめる。

また、エアコンの音や、室外から聞こえてくる風音などの環境音、人の足音やちょっとした話し声なども打ち消してくれる。
集中したい時にはぴったりの機能だけど、誰かに話しかけられても声が小さいと気づかないから仕事中などは要注意だ。

無音で集中したいときにもピッタリ

AirPods Pro のノイズキャンセリング機能は、音楽を聴いていないときでも耳に装着しているだけで作動する。
つまり、何も音楽を聴かず、周囲の音を消すだけという用途にも使えるってこと。
さしずめ「ハイテクな耳栓」といったところかな。

装着したまま外部音を拡張する「外部音取り込みモード」

AirPods Pro にはノイズキャンセリングとはまったく逆の「外部音取り込みモード」も搭載されている。
これは単にノイズキャンセリング機能をオフにするのではなく、AirPods Pro のマイクで外部音を拾い、拡張してより聞こえやすくしてくれる機能だ。
AirPods Pro をクイッとつまんで長押しすることで、ノイズキャンセリングオン → オフ → 外部音取り込みを切り替えられるぞ。

その他の機能

パーソナライズされた空間オーディオ

「パーソナライズされた空間オーディオ」というのは、ソフトウェアによって擬似的な音楽空間を作り出す機能のことだ。
これにより、音のなっている方角や位置を臨場感たっぷりに感じることができるようになる。

ダイナミックヘッドトラッキング

「ヘッドトラッキング」つまり頭の動きを感知して音の鳴り方を調整してくれる機能のことだ。
空間オーディオとの組み合わせで、より臨場感のある音楽体験をすることができる。

操作方法

AirPods(第2世代)がダブルタップによる再生やスキップ、電話応答だけなのに対し、AirPods(第3世代)は感圧センサー搭載でより多くのアクションによる多くの操作ができるようになっている。
AirPods Pro ではさらにスワイプして音量を調節するといったタッチコントロールもできるようになっているぞ。

耐汗耐水性能

AirPods(第2世代)は耐汗耐水性能を持っていないのに対し、AirPods(第3世代)は耐汗耐水性能を持っていて、濡れた手で触ったり、スポーツ中の着用で汗がついたりしても大丈夫だ。
AirPods Pro ではさらに防塵性能もついて屋外での使用がさらに安心になっているぞ。

AirPods と AirPods Pro は音の印象もちょっと違う

AirPods と AirPods Pro では奏でる音の印象も異なっている。
AirPods は音の明瞭度が高くてカラッとした印象、AirPods Pro は音がしっとりみずみずしい印象だ。

どちらも音域はバランス型で、高音だけが際立ったり低音だけが際立ったりということはないぞ。

AirPods がオススメなのはこんな人

  • 室内使いでノイズキャンセリングが必要ない人
  • 軽快&開放的な装着感が好きな人

AirPods Pro がオススメなのはこんな人

  • 映画やゲームに没入したい人
  • 通勤・通学・お出かけ時に使いたい人
  • 周囲の騒音や環境音を気にせず何かに集中したい人
  • ピッタリフィットするカナル型の装着感が好きな人

AirPods と AirPods Pro 選び方のポイント

AirPods と AirPods Pro 選び方のポイントは、ズバリ「ノイズキャンセリングが必要かどうか」だ。

ノイズキャンセリング機能は通勤・通学の電車やバスで音楽を聴きたいなら絶対に必要
「AirPods Pro じゃないと無理」なポイントは極論ここしかなくて、それ以外の部分で考えるなら AirPods でも AirPods Pro でも好きなほうを選んでいいと思うぞ。

ノイズキャンセリング以外の大きな要素としてはやっぱり「形状(装着感)」と「価格」っていうことになるね。
このあたりを考慮して好きなほうを選ぼう。

とはいえ、AirPods Pro を買っておけばどんな状況にも対応できることは間違いない。
「カナル型の装着感がどうしてもダメ」ということがないなら、AirPods Pro を買っておくのがいいかもしれないね。

ちなみに僕の場合は AirPods の軽快な装着感が好きだから、オンラインミーティングや普段の音楽鑑賞、動画視聴といった用途には AirPods を使い、仕事中に騒音が気になる時や外出時、それからASMR動画を観るときなどには AirPods Pro を使っているぞ。

というわけで今回は、AirPods と AirPods Pro 買うならどっちがいい?と題して僕なりの選び方について書いてみた。
どうだったかな?
みんな、よかったら参考にしてみてくれよな!

Apple(アップル)
¥26,677 (2024/05/31 03:24:31時点 Amazon調べ-詳細)
AirPods と AirPods Pro どちらを購入するか迷っている人に選び方を伝授!

役立つ情報の更新をいち早くキャッチ!

記事はお役に立ちましたか?
  • URLをコピーしました!
見たい項目をタップ!